旅行・地域

2017年6月28日 (水曜日)

ライブ観戦を兼ねた瀬戸内の旅

 三原でライブは珍しいなと参戦を決め、最終日の周南も気になったのですが、倉敷の父の様子も気になり、三原のみに。

 倉敷から帰ることを考え、荷物も多いので岡山空港からレンタカーで。目的地は尾道。両親が備後府中の出身なので、子供の頃の田舎はそちらに良く行きました。尾道なんて子供の頃、祖父に連れて行ってもらって以来かも。

1498618830929.jpg
 記憶に残っていた千光寺へ。クルマなので山の上の駐車場から。それでも展望台までの坂道にぜーぜー・笑 ブラタモリで知った岩の数々。

1498618836541.jpg
展望台からの尾道水道の眺め。少し雨に降られ、蒸し暑さもあり、坂道を下るのは断念。土曜日ということもあり観光客が結構いらっしゃいますね。尾道バイパスなるほぼほぼ高速道路から、湘南のような海沿いの道を経て三原へ。ホテルにチェックインして、ぶらり街歩き。

1498618840906.jpg
ところが、突然のどしゃ降りにたじろぎ、駅隣接の三原城跡だけ。見事に城を貫く三原駅に唖然としました。駅を作ってしまった先人の愚行にがっかりですよね。その後、ホールまで散歩に丁度いい距離と思って歩いている途中にも再度どしゃ降りに…傘が役に立たない雨に、ぬれねずみ状態・笑

1498618842253.jpg
倉敷でもブラタモリを辿る散策。地元なのですぐ分かります。美観地区では白鳥の親子に癒やされて…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日曜日)

箱根の賑わい

 3連休の中日。ちょいと箱根にでも行って、ひとっ風呂浴びてこようかと、例の新車・・といっても紹介してませんでしたが、またもスバルのレガシィアウトバックです・・・でGO。

 ちょうど箱根の噴火警戒レベルが1に下がったことや、紅葉シーズンであったからか、久々に小田厚の最後の出口を前に大渋滞にはまってしまいました。こういう時に、アイサイトVer.3が便利この上なく・・・もう何もしなくても前が止まれば止まり、動きだせばハンドルのスイッチをちょんとすれば進みだす仕掛けで、アクセルとブレーキから解放されるのがどれほど楽チンか。心に余裕ができます。

 まあそれはいいとして、合点がいかないのは渋滞の原因。明らかに箱根口ICへの出口渋滞に見えるのですが、今年3月にその先の山崎ICまでのバイパスが完成していて、湯本やその先に行くにしても、箱根新道に行くにしても、そのバイパスを通る方が早いのに・・・なぜが皆さんが箱根口ICの出口に殺到するのかが不思議。

 だって、箱根口ICの先は信号で1国も混んでいるで、渋滞するのは当たり前。だからこのバイパスを作ったはずなのですけどねぇ・・・。実際、バイパス方面(右側車線)に出れば、スイスイ流れましたから・・・。みなさん長らく箱根に来てなかったから、このバイパスのことを知らなかったんでしょうか??

 湯本は最近の定番となっている「弥次喜多の湯」。ここは駐車場が日帰りで2時間無料だし、なんたって空いているのが嬉しいところ。下手に皆さんに教えて混んじゃうのもいやなんですが・・・(まあそんなに読者もいないか・・笑)。昔は普通の温泉旅館だったのを、今は素泊まり専用の旅館に転換したところで、日帰り温泉もそのお風呂で、もちろん大きな露店風呂もいくつかあって・・・ちょっと古めかしい昭和の風情は漂ってますが、ホントゆっくりできますよ。今日、湯本界隈は大混雑でしたが、結局貸切状態でしたから・・・。ワタシも以前は小田急系の某日帰り温泉に行ってましたが、いつも混んでいて落ち着かないんですよね。

 そして、干物や魚貝類の加工品でお土産に(ワタシは自宅用ですが)お勧めなのが、「うろこの宮ととや」さん。、『古事記』の海彦と山彦の物語からお店の名前をとられたとのことで、店内はその物語を楽しめるようなレイアウトとなっていますが、モダンなその店構えや、場所が湯本の通りから1本外れた場所であることもあってか、意外に入りにくいようで・・・でもご主人が面白いし、こだわりの人で、干物などのクオリティは抜群です。話好きな方だとなかなか帰れないかも(笑)。

 さてお昼はどうしようか・・・といって、美味しい蕎麦屋さんはないかと、そのご主人に聞いて教えて頂いたのが、手打ち蕎麦 彦(げん)さん。滝通りをずっと上がっていった旅籠おかもとさんの向かいにあります。店内はジャズが流れる落ち着いた空間で、こだわりの・鴨汁蕎麦を頂きました。蕎麦はもちろん、鴨や、つゆもとっても美味しかったです・・。リピート決定!次回は、白海老天ぷらとお汁粉のセットにしよう(笑)。

 ということで、箱根湯本のワタシのお勧めコースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土曜日)

沼津Again

 すっかりご無沙汰しておりまして失礼ばかりで・・・ 

 まあ年末年始というものは、1年の疲れがどっと押し寄せ、だいたいロクなことがないのですが、昨年も30日まで働き、31日、1日と超が付くグータラぶり(苦笑)。これってどうよ・・・と、うっかり思ってしまい、2日はちょいとジムでひと泳ぎ・・・準備運動もそこここに気持ちよく泳いで、プールから上がると・・・うん?なんか腰が痛いような・・・

 風呂から上がると、その腰の痛みは確信に変わり・・・もう歩くのもままならない状況。いつもの整体に行って、会社の医務室で痛み止めと湿布をもらい・・・ここ数日ですよ元に戻ったと思ったのは。どんだけ回復が遅いんだか・・・というかそういう歳な訳ね(笑)。

 そんなこともあって、今日は天気もいいし・・・ちょいと出かけようかと。何か美味しい寿司が食べたい・・と思いついたのが沼津港。昨年秋に陽水さんのライブの日に行って、駐車場渋滞でたどり着けなかった場所。でもその時も散々調べていた店が気になってて・・・

 クルマは東名も渋滞もなく沼津港へ。駐車場も全然問題なく・・・あの時は何だったんだろう的な。そして寿司リベンジ!とばかりに、以前調べていた「すし処 古川」さんへ。写真つきのメニューやら呼び込みが多いこのエリアでは異色の・・・暖簾以外何も出ていないお店でしたが、結果的に見っけもん的な大満足の店でした。

 魚を寝かせて旨みを引き出す寿司処もいいんですが、ここは新鮮さが命のようで、これが最高。相模湾で採れることに驚くノドグロなどの白身の引き締まった旨みと小ぶりのシャリの按配とか・・・小ぶりの椀に酢飯の上に乗せられた形で出されるウニとイクラ・・・その旨さといったらもう悶絶ものでした(笑)。そうそう出いた卵焼きも格別で・・・更に唸ったのが太刀魚の炙り。とろける食感に驚きで・・・。これから、ちょくちょくドライブで行きたい名店みっけという感じです。

 板さんが言っていたのですが、今はシラスも桜エビも禁漁中で、生シラスって謳ってるのは全部冷凍ですよ!とのこと。いやはや聞いといてよかった。

 帰りは箱根の山越えで、日帰り温泉の箱根湯寮でひと風呂。あったまりました。今日でようやく年が明けたなという気分でしょうか・・・。今年もよろしくお願いしながら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木曜日)

昭和な須磨浦公園

1397134273251.jpg
出張で神戸にいますが、最初のアポがキャンセルとなって、2時間ほど時間が空いたので、天気もいいし…そうだ須磨浦公園へ行こう!と。
小学生の頃は神戸に住んでいて、良く須磨浦公園へ遊びに行ってましたので、懐かしさもあって…。
須磨浦公園駅も昔のままで、改札横から出てくるいるロープウェイに乗って、そこからカーレーターなる妙なものに乗って、最後はワタシの大好きなリフトに乗って、、
ものの見事に昔のまんま(^_^;)
これは意図的に昭和な香りを残したなと、、、
40年ちょい前の小学生の自分にタイムトリップしたような、、いい気分転換になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月曜日)

鳥栖から八代へ(その1)

Tosueki ライブ翌日は、もう一つの目的でもあった40年ぶりの八代へ。スタートの鳥栖駅は昔ながらの駅舎やホームが残っていて、昭和の時代にタイムスリップしたよう。昭和どころか明治の開業なんだとか。昔使っていた外国製レールの表示を目にして・・・これを屋根の骨組みに再利用という意味でしょうか? 久留米まで在来線に乗って、そこから九州新幹線で新八代まではあっという間。凄い時代になったものです。また在来線乗り換えで八代駅へ。新幹線の駅舎は綺麗なんですが、だからどうした・・・という感じでねぇ。

Yatsushirosta その点、八代駅も昔のまんま。ここから40年前に岡山へと寝台特急に乗って引っ越したんだなと思うと、感慨もひとしお。新幹線が出来たせいでしょうが、ここまでがJR九州の管轄内で、ここから南は肥薩オレンジ鉄道という三セクになってました。ここでレンタサイクルをお借りして(500円)、昔の記憶を頼りにサイクリング。八代の町はフラットですから、自転車移動がちょうどいい感じ。

Shotengai やはりここ八代も全国で見られる地方都市の宿命にはあらがえないようで、昔買い物はここらへんに来ていたという、長いアーケードの商店街もちょっと悲しいものがありますが・・・ここを抜けて昔住んでいた場所へゆるゆる向かいます。

Shinkaicho 学校へ通う途中は、左手に三楽オーシャン(今のメルシャン)、右手に日本セメントの工場があったのですが、すっかり右手の景色が変わって・・・ゆめタウン八代というショッピングモールに変わっていました。日本セメントさんのグランドもお借りして野球の練習をしてたことを思い出したり・・・

Riverside 家があった場所はわかるのですが、すっかり景色も変わって・・・川沿いでゴカイを掘って、それをエサに釣りをしてたんですが、川の護岸も綺麗に整備され・・・まあ40年も経てばしょうがないんでしょうけどね。

Mikaerudo 港や当時通っていた小学校、中学校(それぞれ1年ずつですけど)を回って・・・グランドは変わっていないし、意外と変わっていないような気も・・・そんなこんなでそうそうシュードーナッツを求めにミカエル堂さんへ。

Shudonuts マスコミの露出も多くて日曜だし大変な人かなと思ってましたが・・・まあ閑散としていたのはむしろ幸い。シュードーナッツや他のパンをお店で頂くことに。先日横浜高島屋の催事コーナーで頂いたときは、ちょっと「よそ行き」の感じがしましたが、ここで食すと・・・これだぁ~~!!と。なんとも庶民的なこの味ですよ・・ふふ。

 八代の前は神戸に住んでいて、新設のマンモス校で・・・数の中に埋没してたというのが自己分析なんですが、八代の先生や友達に恵まれ、今の自分の礎になったような気がして・・・ちょっと大袈裟かもしれませんが・・・自分にとっては大切な場所。今回鳥栖でライブということで、ようやく八代に戻ることができ、ようやく胸のつかえがとれたような・・・満足したということで、帰京する前に熊本でも寄りますか・・・後編へ(いくかも?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月曜日)

京都まで行くのさ・・・

 ということで、京都の記録も少し残しておきましょうか。初日はクルマで行ったからこそ行けた京都の外れ・・・高雄の方になるんでしょうか・・・栂尾山高山寺へ。平日でシーズンでもなく、ほとんど人がいない中、鳥獣人物戯画やらを観ながら、手つかずの自然に近い寺を散策。非常にいい気が流れていて・・・ホッコリします。

Blog5_2 そこから市内へ戻り、若干スピリチュアル系の神社めぐり。まずは大将軍八神社。 普通の暮らしの中に、こじんまりとした神社があって・・・十二支別にあるというお守りを頂きました。

 Blog6 次に更に町の中へ戻って、晴明神社。言わずと知れた陰陽師の安倍晴明公を祭った神社です。ここへは是非一度行ってみたかったので・・・。ここもいい気が流れてますねぇ。ホント堀川通りから一本道を入っただけの場所なのに。公認の売店(近くに未公認の売店があってもめてるらしく)で五芒星(ごぼうせい)の入ったキーホルダーを購入。クルマ用に欲しかったので・・・。

Blog4 翌日は朝から嵐山・嵯峨野散策へ。竹林の道は何度来ても落ち着きます。特に朝は人も少なくてのんびりと散歩ができて・・・ご近所の方らしき方が犬を散歩させてらっしゃる姿もお見かけして・・・いい環境だよなぁと。このあたりに籠って生活するのもいいのかしらんと・・・ふと(笑)。

Blog1 まあ散歩をすれば一服したくなる訳でして・・・こんな季節はやっぱり桜餅でしょうと、琴きき茶屋さんへ。歳を重ねるごとに和菓子の世界へ足を踏み入れてしまう訳ですが(笑)、特に桜餅は好きなもので・・・大満足。

Blog2 そんなこんなで保津川べりでくつろいでいると、丁度お昼時。湯豆腐が食べたいよねぇと思うものの、なんだか高級そうなお店が軒を連ねて入りそびれている中、昭和で時代が止まってしまったかのようなお店を発見。それが食事処いこいさん。値段も手ごろだし、川が見える桟敷席にも誰もいないし・・・と日向ぼっこしながら、湯豆腐定食を頂きました。食器こそ年季が入ったものでしたが、これが大正解というか、豆腐の風味も豊かですし、料理全体がとっても美味しい。こういうヤマカンって、口コミなんか読むよりずっと正しかったりするんですよね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土曜日)

春休み

 年度も終わりに近づき、1年間の疲れを癒しに京都へ2泊3日の小旅行。今回は、せっかくの新車だし、アイサイトの機能を実感したく、また少し中心部から離れた場所へ行く予定もあり、久々のロング・ドライブで。高速も昔走ったルートより近道で快適なルート・・・御殿場から新東名に入り、伊勢湾岸自動車道、東名阪道、新名神で京都東ICまで横浜から430KMほど。

 新東名ってホント走りやすいですねぇ・・・カーブの曲りやアップダウンが少なく設計されていて、道幅も広いしトンネルの圧迫感もなく・・・ひたすら直線の道路を走っている時は、アメリカのハイウェイの・・・道がキレイ版のような気分(笑)。ほぼ全路線で、アイサイトの全車速追従機能付クルーズコントロールで設定速度をMAXにして(といってもオカミの指導もあってでしょうが114KMですけど)・・・ハンドルを握るだけのほぼ自動運転状態。アクセル・ブレーキ操作から解放されると、高速運転とはこんなに楽なのかと感動。 サービスエリアも随分と綺麗で楽しく・・・まず駐車スペースからゆったりしてるし・・・帰りは浜松SAと駿河湾沼津SAに立ち寄りましたが、ちょっとしたアミューズメントパーク状態ですね。平日だったのでさほど混雑もないし。

 京都って仕事では良く行くのですが、プライベートでは15年ぶりくらい。何か昔の印象なんでしょうけど、ちょっとよそ者にはとっつきにくいといいますか・・・バスやタクシーが結構派手な運転をしていたイメージがそのまんま残ってて・・・何だかちょっと敬遠していたんですが・・・行ったら全く逆の印象。この年月の経過がそうさせたのか、時代なのか・・・はたまた自分が歳をとっただけなのか・・・。すごくゆったりとした時間を過ごすことができました。その話はまた後程。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火曜日)

雪国

 休み明けは、仕事が立て込んで・・・しかも出張のリスケも入って、ひっちゃかめっちゃか状態です(-_-;)。そんなリスケの出張の行く先は上越新幹線で新潟。トンネルを抜けると・・・見事に雪国でした(笑)。

 長岡から入って新潟方面へ移動のパターンでしたが、雪の状況が変わっていて興味深く・・・長岡では道端に結構な量の雪が残っているのに、新潟では完全になくなっていて。一口に雪国とは言え、海沿いはまた違うんですね・・・と。

 お楽しみのローカルフードは・・・いつものように時間がない(爆)。ロードサイドの某うどんチェーンで昼食。いや~あの「イタリアン」を楽しみにしていたんですけどねぇ・・・(結局、駅のお土産売り場で「イタリアン」を再現したとというスナック菓子をお土産に買いましたけど・・・ホンモノがどんな味か想像できず仕舞でした)。

 帰りも急ぎでお弁当。ただお土産は、浪花屋さんの元祖「柿の種」の冬季限定「柿チョコ」4種類のセットに・・・田中屋本店さんの名物笹団子。名物に美味いものなしとは言いますが・・・さすが老舗はうまいですねぇ。

 やっぱり日帰りは体に堪えるんですけど、この季節は上越新幹線はスキー/スノボ客が大半を占め・・・帰りも越後湯沢で突如満席に!いや~久々にひじょ~に賑やかな車内で、熱気と食べ物の匂いでちょっと気持ち悪くなったりして・・・そう考えると東海道新幹線って異常な静けさなのかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金曜日)

うどん県へ

 連休明けに、岡山から高松を巡る今年最初の出張へ。こういう出張は実家に寄れたりするので有難いものです(笑)。まずは岡山駅界隈を少し歩きましたが、地下街も含めずいぶんと綺麗に変わりましたねぇ。林原さんの跡地にショッピングモールもできるそうで・・・時代の流れを感じます。表町は大丈夫かいなと・・・(ローカルネタで失礼)。

 そして鉄路、瀬戸大橋を渡れば高松です。その昔、宇野から国道フェリーで良く渡った記憶がありますが、その国道フェリーも最近運行しなくなったんだとか。こちらも、昔の街の面影はなく、すっかり綺麗になってしまってます。ただちょいと歩いた場所にある商店街は、昔ギターを買いに来た場所かしらん?と・・・まあそれくらい大昔の話ということです。

 せっかくの「うどん県」での仕事。お昼はやっぱり「うどん」ですか?と支店スタッフに聞かれ・・・そりゃまあそうでしょと思いつつ・・・でもこんなオフィス街の中に美味しいうどん屋さんがあるのかと・・・それがあったんだから面白い巡り合わせ。そのお店は「風月」さん。

 うっかりしなくても見逃してしまいそうな店の中は、カウンターだけのこじんまりした感じ。ちょっと寒かったので(そうそう東京で大雪が降った翌日でしたし)、暖かいうどんにかしわ天を・・・麺を1.5にしてもらったのですが、これが相当な大盛りになり・・・(笑)。注文を受けてから麺をゆで、てんぷらを揚げる方式で、少々時間はかかりますが、出汁の香りと、コシが強くてツルツルとした食感で小麦の香りもする麺が抜群に美味くて・・・これは久々の大ヒット・・・いやホームランかも。

 そんな昼食に気分を良くしていたんですが、お客さんから今日は高松空港が閉鎖になって羽田便は欠航らしいよと教えて頂き・・・何事かと思ったら、例の緊急着陸先が高松空港で・・・あわてて最後のアポ終了後、再度電車で岡山へ戻り、新幹線で帰ってきましたが・・・混雑しててどっと疲れました。

 とは言え、悪いことがあればいいこともあり・・・岡山で乗り換え時間がなくて慌てて選んだお土産が・・・これまたヒット!!敷島堂さんの「岡山ラスク」。有名なラスクより、少し柔らかいんだけれども抜群の味加減(何という表現の貧困さ・笑)。これは初めて見た気がしますが、超お勧め。・・・ということで「出張は食なり」といいますか、美味しいものでも食べなきゃやってらんないといいますか・・・次回は月内に金沢へ行く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日曜日)

松江へ

 今年最後の出張は松江。この寒い季節に山陰とくれば・・・そりゃカニ食べ行こう~♪のはずですが・・・いつものように、朝一の飛行機で飛んで、最終便で帰ってくる・・・むなしい日帰りです。

 でも、地元の方も珍しいというような晴れの日で、少しだけ町の雰囲気は感じる時間はありました。特に帰りのリムジンバスから観た、宍道湖の背後に沈む夕日は綺麗でした。クルマで移動中に少しだけ時間があったので、松江城とか武家屋敷あたりを巡ってもらい、窓越しに(苦笑)観光しましたが、歴史を感じる落ち着いた町並みですね。

 到着時に小一時間ほど時間があったので、せめてもと思い松江駅のあたりでお土産さがし。やっぱ宍道湖と言えばシジミですし、茶道が盛んだったとかで和菓子の老舗が多くありましたが・・・天邪鬼なワタシはちょっと趣向を変えて洋菓子へ。目についたのが「KAnoZA」さん。

 2011年度モンドセレクション金賞の抹茶フォンデュと世界水準のおいしさが味わえる新作ぷりんのセットなるものがワタシを呼ぶもので・・・しかも期間限定で配送無料だと・・・お土産買うのはいいんですが持ち帰るのが難儀だなぁという軟弱なタイプだけにビンゴでした。

 翌日冷凍状態で届いたのを頂くと、これがまいう~。特に、地元の出西生姜を使ったプリンが印象的。とろとろ濃厚ミルクプリンが、さっぱりしていて、そこに出西生姜のさわやかな辛みのアクセント。地方に行ってこういう逸品に出会うとうれしいものです。

 とは言え、空港で夕食とはちと悲しいですねぇ・・・今度は是非2日間でとお願いしておきましたが・・・いかに(笑)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧