« 初の大館ライブ | トップページ | 対談 »

2017年6月14日 (水曜日)

大館ライブの記憶

 とにかく観客の皆さんが熱かったのが印象的な大館ライブでした。手拍子をされる方が多く。アンコール!の合唱に感動。氷の世界で立ち上がる方も多数。大ラスが気迫のこもった傘がない、になるのも分かります。

 陽水さんのボーカルは、ワインレッド…などは限りなくソフトに、嘘つき…などは気迫のこもったロックに、まさに変幻自在。個人的には映画に…からのジャジーなナンバーにうっとり。こんなに幅広いジャンルの曲を作り、今のアレンジでしなやかに歌えるミュージシャンはいないだろうなと。唯一無二の陽水ワールドを堪能させて頂きました。

 バックのアレンジも、瞬きの間奏で長田さんのギターが今回はアコギだったり、氷の世界の間奏で小島さんのピアノのフレーズが変わったり…何度同じ曲を聴いても、いつも何か驚きがあって。ワタシにとって今ツアー初の背中まで…山木さんのタイトなドラムに、美久月さんの魅惑のベース、素晴らし過ぎる!骨太でパワフルな長田さんと、職人気質で様々な音を紡ぎ出す今堀さんのツインギターも素晴らしい!Lynさんとfasunさんのコーラスは、今やライブに欠かせない彩りとパワーを加えてますね。そうそう空港でLynさんをお見掛けしましたが、華奢で小柄な方でびっくり。ステージ上で拝見してると、凄い大きな方かと思ってました。これってミュージシャンとして重要ですよね。美久月さんはホントに背の高い方でした(空港で話しかけて失礼しました)。

MCは、50年近くやっているが初めてということで、自己紹介など。AB型のネタで笑わせつつ、今日は誠心誠意やっていきますが、普通の人の誠心誠意と違うかもと・・・笑。初めてなので良い印象をもって帰っていただきたいとか、今後とも宜しくお願いしますと言われたり・・・。大館出身で大館にお住まいの方と聞かれたら、手を挙げる方多数。福岡出身だと言われながら、この中で福岡に行った事がある人との問いには、大館の質問よりやや少ない拍手。福岡に住んでいる人で大館に来たことある人は少ない、などと少しブラック・ジョークも・笑 なごやかな雰囲気は大館の皆さんが作ったもので、よそ者のワタシには有り難い限り。ワタシも大館が何県にあるかも知らなかったクチですが、陽水さんのライブおおかげで来ることができました。ゆったりしたリズムで暮らされている感じが、忙しさに振り回されて生活しているワタシには新鮮でした。歩くスピードも自然とゆっくり・・・

 さてさて、今ツアーも残すところあと3本。ワタシの最終回は三原。倉敷の実家の父に何か困ったことはないですか?と聞きに行く旅とでもいいましょうか。三原には仕事で2度行った事がありますが、プライベートでは初めて。なにやら宇宙船のような?ホールのようで、三原の街とライブを楽しみにしています。

|

« 初の大館ライブ | トップページ | 対談 »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

空港は羽田との間を僅か二本だけですから、これは必然で…狙った訳ではありません。それが証拠に陽水さんに話しかけることさえできませんでしたから・苦笑 これがファン心理の一つの形態なんでしょうね。

今ツアーは、たった5本です・笑 仕事のスケジュールとの兼ね合いと、気になる場所でチョイスしています。経験則上、東京から離れた小さな町の小さなホールほどお客さんが熱い気がします。これまでで印象に残ったのは、かなり前なら奄美。最近だと中標津とか天草でしょうか。

投稿: hiro@yokohama | 2017年6月15日 (木曜日) 11:34

ライブの様子を想像しながら拝見しました。その場に居られたんですね、羨ましいこと限りなし。おまけに帰りの飛行機は陽水様一行と同じ便だっただなんて!あり得ません。これまた妬けてしまうほど羨ましいです。最終のライブ、どうぞ堪能されて下さい。結局のところ何回行かれたのでしょう??あーぁ羨ましい💛

次のライブの様子も是非是非詳細にお知らせくださいね。あーぁ羨ましい(しつこいですか!)

投稿: みーみ | 2017年6月15日 (木曜日) 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/65410014

この記事へのトラックバック一覧です: 大館ライブの記憶:

« 初の大館ライブ | トップページ | 対談 »