« PA | トップページ | 地方での新たな発見 »

2016年10月13日 (木曜日)

いつかノーベル賞でも

 もらうつもりで頑張っているんじゃないのか・・・と、歌詞に「ノーベル賞」という言葉を入れたかったと聞く陽水さん。これは「氷の世界」の歌詞の一節。こんな「画期的な」歌詞を書くようになったのは、ボブ・ディランの影響と公言されてますし・・・

 そのボブ・ディランさんが、ノーベル文学賞受賞。折しも昨日のオーチャードホールでのライブで陽水さんは、ディランさんの”Knockin' on Heaven's Door”を歌われ、ご自身もオーチャードホールのライブに行かれた話もされたんだとか・・・

 なんだか出来すぎているというか・・・逆デスノート?というか・・・

 以前からワタシ、陽水さんて「預言者」だって思ってましたが、今回は「予言者」だったのかも?

 そのような超人的なエピソードに驚きながら・・・ワタシは明日日帰りで山口へ出張。いやはや、ばかばかしいくらい凡庸です・笑
 

|

« PA | トップページ | 地方での新たな発見 »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/64344387

この記事へのトラックバック一覧です: いつかノーベル賞でも:

« PA | トップページ | 地方での新たな発見 »