« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月19日 (水曜日)

追記

 スマホでブログアプリから追加入力するという面倒なことをやっていると、なかなかうまくいかないこともあり・・・ということで、今日はPCから別入力・笑

 ディランの天国の扉って、以前、MXTVの小室等の音楽夜話で陽水さんが歌ってた記憶あるけど・・・と思い録画してたのを見てたら、やっぱり歌われてました・・・小室さんが、今後陽水さんがどこかで歌うことになるかわからないけど、この番組でちょっと歌ったんだよというのを残したいというリクエストに応えて。ライブで陽水さんが、映画のこういう場面でこの曲が流れるという・・・詩の説明をされていたので、特に(ディランの歌をよく聞いたことはないのですが)陽水さんの歌でその場面が浮かんでくるようで。ライブでは、一部の年をとった人があんなのがノーベル賞なんてといっているけど、わかってないなぁ~と皮肉まじりに語っていたのが印象的でした。

 ワタシにとって陽水さんのツアーというのは、それぞれのフェーズで楽しみ方があって、どれが一番いいとかいうのではなく・・・。最初の頃の手探りな感じもワクワクするし、途中でツアーの方向性が固まりつつある瞬間を見るのもいいし、最後の方でさらに円熟させていくステージもいいし・・・。岡山は秋ツアーとしては方向性が固まったかなという印象。でも4月の富山のライブで一度完成されたものだけに、秋ツアーは円熟度合がいつもより更に強まっている感じがします。

 バックのメンバーの遊び心というのか、確かなテクニックやこれまでの演奏も踏まえて、さらに昇華させていけば・・・さらにいい音に印象に残るライブにするにはどうすればいいのか、そんなことを感じたり。印象的だったのは、女神での山木さんのドラムの遊び心あふれるパフォーマンスや、長田さんと今堀さんのツインギターが、Just Fitで絶妙なバランスの上でぶつかりあう感じとか、My Houseの間奏で揃って奏でるのではなく、それぞれのセンスとプレースタイルなのに、なぜか重なりあう感じとか最高でした。ミックのベースは・・・ワタシがベースの音好きというのもあるのですが、結構遊んでる感じがわかると、聞きほれてしまう訳で。コジヤンは・・・陽水さんのライブでは不可欠な唯一無二のキーボーディストで・・・バレリーナの世界観は凄すぎるでしょ。コーラスのあ二人はソウルフルなLynさんとホーリーなFasunさんの組み合わせが絶妙ですね。すばらしいバッキングです。照明の演出が今ツアーももう一つの見どころかも知れません。ほんと素晴らしいですからぜひ会場で!

 陽水さんのボーカル。ライブが進むにつれ調子が上がってきますねえ。変幻自在っていうか、様々な楽器を声で表現できるとういうか・・・激しくも楽しくも哀しくもうれしくも、微妙な声色と強弱で表現してしまう恐るべきボーカリストであることを改めて感じます。他のアーティストであれば何らかのカラーがありますが、陽水さんの場合は曲によって色合いが異なるというか・・・MCのバリエーションは増えましたねえ。次々と繰り出す・・・今回は「散歩」がテーマかも・笑 ちょっと年を重ねたことをネタに自虐的な笑いもあるのですが、以前と違いちゃんとオチに持ち込んでくる技量にあっぱれ!岡山ネタでは駅前のホテルから後楽園まで散歩して、帰りは路面電車に乗って・・・それも100円で、もっと遠いと140円という地元密着ネタを披露。渚にまつわるエトセトラでは、確か「ママカリ」も入っていたような・・・コジヤンは「桃太郎」とも叫んでましたけど(爆)。陽水さん曰く媚びを売りながら?と謙遜しながら・・・

 そうそう岡山は2年ぶりですかね・・・と言ったのに会場はし~~ん・笑 これには困ってましたけど。市民会館では何年ぶりか知りたかったですね。ワタシも若いころもっとマメなら良かったんですが、岡山市民会館で見たのは確か大学生の時のはず。35年くらい前でしょうか。久しぶりに行って、こんなこじんまりしたホールだっけという印象。子供の頃ならまだしも、すっかり体も大きくなっていた頃の記憶のはずなんですが・・・人の記憶なんて結構曖昧かも。30数年前のほとんどしゃべらず「どうだ!」と言わんばかりのボーカルで観客を圧倒していた陽水さんと、アンコールでステージ前の方になだれ込んでいた自分も、今やMCも含めて観客を楽しませようとする陽水さんと、腕を上げて手拍子すると疲れてしまう情けないワタシ(苦笑)・・・でもこんなに長く陽水さんのライブを見ることになるなんて30数年前には想像もできませんでしした。

 ホールと月とライトアップされた岡山城を目に焼き付けて会場を後にしました。そういえば開始前に何発か花火が上がってましたね。なんだったんでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火曜日)

UC2ツアー2016秋 in 岡山市民会館

1476799960220.jpg

 いやー良かった!!やっぱりライブは地方に限りますねぇ。凄い盛り上がりでした。あのオーチャードは何だったんだという気分です。セットリストも完成度高く、バックとの息もぴったり。アレンジに遊び心満載。陽水さんのボーカルも熟成と迫力と優しさと…今期のベストパフォーマンスでした。

 私にとって30数年ぶりの岡山市民会館でのライブ。もうすっかり年季の入ったホールですが、今日のPAは文句なし。ライブ前に外の様子を見ていた山木さんと目があって。入場を待つ長い列からは岡山弁が飛び交い。

 ボブ・ディランのノーベル賞ネタもあり、天国の扉では、詞の良さをかなりの時間を使って解説したり…私事ですが、明日御見舞いにゆく予定たったおばあさんが亡くなられたとの知らせを受けていたので、余計に染みました。

 後はまた明日の帰りの新幹線ででも書いてみます。と言いつつ、長文を書いたのに反映されず・まあ必要がなかったということでしょう。・笑
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土曜日)

地方での新たな発見

 昨日、初めて山口へ行ってきました。仕事ですけど。地方へ行くと色々と新たな発見があって面白いなぁということのご紹介。

 まず山口宇部空港から山口市内まで自動車専用道が整備されていて、それが無料と太っ腹なこと。地元の方によれば、以前は1時間かかっていたらしいですが、今は30分ほど。今度プライベートでレンタカー借りてドライブしたい気分になりました。

 グルメではお昼に空港近くで食べた地元のファミレスが秀逸。常盤 和み家さんというところで、1000-1600円位で品数いっぱい。味も十分満足で、地方でちょっと贅沢な外食というニーズをうまく取り込んでるなと感心。地方のロードサイドの店は、ここはどこ?とわからなくなる位、どこも一緒ですからね。

 空港でお土産を見ていて気づいたこと。ういろうと蒲鉾が名物のようですが、これって小田原と同じじゃないかと…こんな新たな発見が面白いですね。日帰り出張は思ったより疲れましたけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木曜日)

いつかノーベル賞でも

 もらうつもりで頑張っているんじゃないのか・・・と、歌詞に「ノーベル賞」という言葉を入れたかったと聞く陽水さん。これは「氷の世界」の歌詞の一節。こんな「画期的な」歌詞を書くようになったのは、ボブ・ディランの影響と公言されてますし・・・

 そのボブ・ディランさんが、ノーベル文学賞受賞。折しも昨日のオーチャードホールでのライブで陽水さんは、ディランさんの”Knockin' on Heaven's Door”を歌われ、ご自身もオーチャードホールのライブに行かれた話もされたんだとか・・・

 なんだか出来すぎているというか・・・逆デスノート?というか・・・

 以前からワタシ、陽水さんて「預言者」だって思ってましたが、今回は「予言者」だったのかも?

 そのような超人的なエピソードに驚きながら・・・ワタシは明日日帰りで山口へ出張。いやはや、ばかばかしいくらい凡庸です・笑
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PA

PAって、Public Addressの略なんですね。ライブ会場などではSR(Sound Reinforcement)と言うらしいですが。

 オーチャードホールのライブでだけ凄く気になったもので…ほぼセンターのやや後ろの席で本来音楽を聴くにはいい席のはずで、自分の耳の衰えかななどと思ったのですが、一緒に行った30代の部下もそう感じたと言うし、ネット上でも同じ感想を持った方が散見され…

 ギターアンサンブルなどはバランスがよかったのですが、ハードなナンバーでは陽水さんのボーカルが潰れた感じになるし、コーラスの声がほとんど聞こえず。ベースも弱く、ドラムは遠い感じ…

 せっかくの素晴らしいメンバーのライブなのに残念な気分は拭いきれず。他方で観客の咳払いや、ごそごそする音はやたらと耳についたので、ひょっとしてオーチャードホール特有のものかもしれませんね。ホールの音場がクラシックやオペラ向きなのかもと…

 まあ沢山ライブに行けばいろんなことがあるということで…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火曜日)

UC2ツアー2016秋 in オーチャードホール初日

 茅ヶ崎からは随分構成を変えてきましたね。ラブレターの・からのスタートはいい感じ。

 ギターアンサンブルのjust Fitがいかしてる!今ツアーのMY Houseと、海へ来なさいのアレンジが秀逸。

 熱しにくい東京のオーディエンスに教育的指導が多くあり、盛り上げようと、陽水さんもネタを次々と繰り出してましたが、最後は凄い盛り上がり。楽しかったです。

 自分の席だけかもしれませんが、ボーカルとバックのバランスが今一つ。ちょっと長田さんのギターが前に出すぎかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金曜日)

あこがれ

 あこがれのパターン・・出張して仕事終わりに陽水さんのライブ・・

 18日には岡山市民会館のライブへ行くんですが、出張は昨日。中途半端に岡山まで何度も往復するの疲れますねぇ。とか言ってると来週は山口へ出張・苦笑。

 うまくまとめられないのは仕事故。相手の都合もありますから・・世の中的にマズイことが起こると忙しくなる妙な仕事なんです・笑

 それにしても楽しみな岡山市民会館。新市民会館の建設も決まったのだとか。2階席の方が多い妙なホールなんですが、学生の頃の思い出もあり。トンガっていた頃の陽水さんと、妙に熱かった自分の30数年後。どんな気分になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »