« UC2ツアー延長戦 千秋楽 in 富山 | トップページ | UC2ツアーを兼ねた旅の備忘録 in 富山(その2) »

2016年4月11日 (月曜日)

UC2ツアーを兼ねた旅の備忘録 in 富山(その1)

 新幹線開業前に3-4度出張で行ったことがある富山ですが、仕事で行くと時間に追われ、車で連れまわせられるばかりで、なかなか楽しめないもの。今回はその鬱憤を晴らしにいざ参らん(笑)。定宿にしているクラウンプラザ周辺は少し散歩したこともあるので、今回は駅の北をメインにしました。

 新幹線は混んでるかな・・・と思い、あえて飛行機にしたのですが、そういう時は得てして満席(笑)。でもほんとアッという間につくので疲れも少ないので、私は結構飛行機派です。特に富山空港はアクセスも良く、バスで富山駅まで出て、ちょうど昼時だったので、軽く富山湾の海の幸を。廻転とやま寿司さんで。

Sushi_2 ちょっと奮発して特上にぎりを頂きましたが美味。途中、アクセントからロシアからと思しき人も来店されてたり、お吸い物にとろろ昆布が入っていたり・・・その時は気が付かなかったのですが、後で回る港や岩瀬でその謎が解けたり・・・これだから旅は面白い。

 今回の旅の主目的はライブ参戦ですが、副目的は富岩水上ラインに乗って岩瀬に行って、ライトレールで富山駅に戻るコース。水上ラインはなんとネットで予約ができて便利。ただその前に表玄関とも言える富山駅南口から北口へどうやって抜けるのかという難問。駅のショップを散策した後、駅の案内を見ると、南口と北口が同じ→で表示されていて、ひとしきりうろうろ。地下通路でつながっているんですね(笑)。いわば東京駅の八重洲・丸の内方式。早く言ってよ~~(笑)。北口はゆったりしたつくりで、すぐ駅前にホールがあって、そこを抜け環水公園を目指します。これも思ったより距離があり・・・ゆったりしたスケジュールにしていたからよかったものの、9分じゃ着きませんね。

Kansui_2 水と芝生と桜と・・・広大な公園をのんびり散策。この環境がうらやましい。水上ラインは運河を岩瀬カナル会館まで1時間かけて。郷土愛あふれるガイドさんの案内を聞きながら、ソーラー船は静かにゆっくり進んでゆきます

Suijyoline_2 桜は満開は過ぎたとは言え、川沿いにまだまだ綺麗に咲いていて・・・いいもんですね船の旅は。小さな観光船ですので、運河を走っている分にはいいのですが、終点近くで港に入ると波も出てきて、ちょっと不安になる(笑)。港には屑鉄(中国向けらしい)や中古自動車(ロシア向け!そういうことね)とか、雑然とした風景もまた一興。そうこうしていると岩瀬カナル会館へ到着。

Iwase_2 そこにレンタサイクルがあるとのことで、借りることに。ただ受付が奥まった場所にありうろうろ・・・(笑)。水上ラインで来られましたか?と聞かれたのでそう答えると、100円が50円に割引(安!)。しかもまともな自転車・・・どうも近くに競輪場があり、その関係のようでしたが・・・ちょいとわかりいくい地図(失礼)を頂き、道を教えて頂き岩瀬の北前船の廻船問屋が残るエリアへ。北前船で財をなした立派なお屋敷が並び、ちょっとタイムスリップした感じ。平日ですから、緩やかな時間が流れて・・・続きはまた後程

|

« UC2ツアー延長戦 千秋楽 in 富山 | トップページ | UC2ツアーを兼ねた旅の備忘録 in 富山(その2) »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/63473134

この記事へのトラックバック一覧です: UC2ツアーを兼ねた旅の備忘録 in 富山(その1):

« UC2ツアー延長戦 千秋楽 in 富山 | トップページ | UC2ツアーを兼ねた旅の備忘録 in 富山(その2) »