« インターミッション | トップページ | ミスコンテスト »

2016年2月29日 (月曜日)

UC2ツアーを兼ねた旅の備忘録 in 南陽市 その1

Akayueki ワタシにとっての2016年ツアー初の遠征先は山形県の南陽市。最寄駅は赤湯駅です。山形新幹線にて、途中から在来線の山越えとなり雪景色。途中鄙びたいい感じの駅が多かったのですが、赤湯駅はご覧の通りの立派な造り。これをいいと思うか、がっかりと思うかは人それぞれでして・・・。せっかく赤湯に来たのだから温泉へ行かねば・・・とタクシーでひとっ走り。ここでも温泉街のメインストリートは、電線の地中化がされ拡幅されたと思しき綺麗な通りで・・・その界隈の昔ながらの温泉旅館とのミスマッチが何とも・・・

Satosan とはいえ、おっとりとした人柄と地元の山菜ふんだんの食事と、いい泉質の温泉に癒されて、更には2軒ほどワイナリーに立ち寄りワインの試飲でいい感じで町ブラを。そうそう以前何気にNHKを見ていたら、たまたま南陽のことを紹介した番組をやっていて、そこであまりにも美味しそうなワインが目に留まり・・・それが佐藤ぶどう酒店さん。その時も何かの縁だなと思いワインをネット注文したのですが、それが美味しかったもので、今回も立ち寄ってみました。この時間の止まった感じがいいんですよねぇ・・・結局また2本ワインを買って宅急便で・・・

そんなこんなで妙にカラダも暖まったもので、勢いでホールまで散歩してみようかと・・・きっと途中でいい感じの喫茶店かレストランはあるだろうと・・・思ったのですが・・・歩けど歩けど何もなく・・・(笑) いやいやきっとホール近辺は市役所もあるし、きっと何かあるはず・・・・(焦り)・・・でもない・・・事前に調べていたお店も、まだ夕方の早い時間だったのか開いておらず、そしてボクは途方に暮れる(涙)

Hall1 いや~ホールは素晴らしい建物ですね。昨年オープンしたばかりのすべて木造で・・・ギネス認定もされたんだとか。最寄駅の市役所前から写真をとったりして時間を潰すも・・・あまりにも寒い(笑) ググって見つけた近くの蕎麦屋さんへ駆け込み・・・地元密着といいますか、こういう按配の店って好きなんですよねぇ。いいお出汁と蕎麦にほっこり・・・赤湯での昼食でも思ったのですが、山形ってお出汁がなぜか西の味なんです。これがまた嬉しい・・・そしてホールの向かいにあった菓匠萬菊屋さんにも立ち寄ったら・・・和菓子と洋菓子の美味しそうなものが一杯で・・・まさにそのコラボを実現したNANJO da BEがウマイのなんの!後で駅の売店でも見つけましたが、本店ではチョコレートコーティングやら季節限定サクラも・・・帰ってから食べたら唸る美味さ・・・もっと買っておけばよかった! ちょっと道中凹んだ場面もありましたが、お蕎麦とお菓子で一気に元気回復。これぞ旅の醍醐味ですね。

 開場がやや遅れて、長い長い行列に加わっていると寒さが身に沁みる・・・・でも中は、木の香りがいい感じで、こじんまりした清々しいホールでした。音響も角が取れた感じの印象で、すばらしいホールだと思います。ただねぇ・・・客席が狭いのと一列の座席数が多いのが・・・しかも席は真ん中近辺で、この出られないんじゃないか?的な恐怖がワタシ、とっても苦手でして。そんな気分でライブを聞いていたら、前にも書いたように、陽水さんも観客として同じような気分を味わわれたのだとか・・・後で休憩を入れるかも知れませんよ・・・といいながらまたご冗談を!と思っていたのが、なんと本当にUC2からの楽曲演奏後に、じゃあこれから15分休憩入れます・・・15分したら始めますからねと・・・え?マジ?といいつつ・・・まあオペラや舞台なんかではインターミッションは良くあることでして、観客の平均年齢も上がっている昨今、意外といいチョイスだったのかも知れませんね。

 いや~しかし前フリが長いねぇ~~~とお嘆きの貴兄。そう簡単には本編へ入りませんよ・・・(笑)

|

« インターミッション | トップページ | ミスコンテスト »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/63281614

この記事へのトラックバック一覧です: UC2ツアーを兼ねた旅の備忘録 in 南陽市 その1:

« インターミッション | トップページ | ミスコンテスト »