« UC2ツアー in 伊東観光会館 | トップページ | 箱根の賑わい »

2015年10月31日 (土曜日)

UC2ツアー 2015 in 伊東市観光会館 2

 備忘録と称して書くようにしているんですが、ライブというか生きるということは、その瞬間、瞬間の「今」しかない訳でして、振り返って書くなんて・・・なんだかなあ~と思うようになった今日この頃・・・というかそういう歳になったんでしょうか(笑)

 伊東って、他のファンの皆さんもおっしゃってたのですが、伊豆高原や下田への途中、通り過ぎたことがある方は多いけれど、降り立ったとか宿泊したとかない方が大半で・・・そういうワタシもそうです。伊東の道の駅は何度が来ました・・・このあたりだけ片側2車線になっていいんですよね・・・なんて・笑 陽水さんの話が長いとかいいながら、自分の話が長いことに気づく(爆)

 会場は海の側にある、なかなか年季の入ったホール。キャパは1,000ほどですが、2階席もあります。ステージの奥行きも幅も狭く、いつも背景にある構造物は置くスペースもなく・・・メンバーと陽水さんの距離も近い・・・というのか、ステージ上が込み合っている(笑) そんな中、バックが先に登場して山木さんのドラムから演奏がスタート。昼間とは違ってちょっと肌寒い伊東で、ジャケット姿の陽水さん登場に大きな拍手!!

 最前列って、これまでも何度か経験していますが、特にこのホールは陽水さんまでの距離が近くて、ファンって結構緊張するんですよ、これが。サングラス越しとはいえ、ライトの当たった陽水さんの表情も良く見えて、視線が来るとドキっとしたり。陽水さんに視線を合わせていると、たとえば長田さんのギター演奏を観ようと思うと首を大きく動かす必要があって、なんだかせわしない(笑)。良かったのは、陽水さんとLYNさんが同じ方向にいらしたことでしょうか。あ、今回のツアーでLYNさんはお初です、ワタクシ。陽水さんもそうですけど、バックの皆さんがホント楽しそうだったのが、見ているこちらもウレシク。陽水さんも、ヨイショかも知れませんが(笑)、「このホールいいねぇ」とご機嫌なご様子でしたし。

 ジャジーな前半は、「鍵の数」が陽水さんの変幻自在な聴かせるボーカルにやられ、久ぶりの「背中まで・・・」に酔いしれ・・・どこでしたっけ「生々しく」なんて言葉を使われたのは・・・UC2のコーナーでは、「シルエット・・・」で・・・告白しましょう・・・ワタシ、ウトウトしてしまいました(笑)。いや陽水さんのDVDなんかを家で見てると良く寝てしまうこともあるんです。たぶん、陽水さんのボーカルの周波数がいい感じじゃないのかと。「曲の転調?するところがいい」という「黄昏・・・」。中村八大さんの曲として、「上を向いて歩こう」とか「こんにちは赤ちゃん」を少し歌われたり・・・「私がパパよ♪」と。拓郎さんの曲の候補として「旅の宿」もあったといいつつ、一番だけギターで弾き語り・・・「色っぽいね」の「ね」がなかったって・・・細かすぎますね(失礼)

 「リンゴ」も同じ岡本おさみさんの詞で。いい作詞家がいていいねみたいなこともおっしゃってましたね。こんな大勢の人のまでカラオケを歌っているようだという「有楽町・・・」。バックの演奏が秀逸なんですよね。ブラタモリの2曲の前のMCで、カバーアルバムのきっかけから話されるわけですが、ちょっと残りはあとにしようかなどど・・・ワタシが長いかもなんて書いたことが原因じゃないですよね?(・・・んな訳ないって・笑)いや~、この2曲がライブで更に好きになった曲で、陽水さんの伸びやかなボーカルが気持ち良くって。長いですね~ワタシの文章。ワタシも少し端折らせて頂いて(笑)

 終盤の「最近の曲」コーナーが圧巻!!今ツアー初の「なぜか上海」。長田さん、今堀さんのツインギターにシビレながら、陽水さんの突き抜けたボーカルに圧倒され。陽水さんのギターから始まる「青い・・」は、最初椅子に腰かけて弾かないと感じが出ないとおっしゃりつつ・・・これがまた恰好いんですよね。エッジの効いたバックの演奏と陽水さんの深さと妖しさとキレを兼ね備えたボーカルの融合に卒倒しそうでした!!更に「氷の世界」で畳み掛けてくる演出いいですね~。今ツアーで最初、サルサバージョンの「氷の世界」はどうなんだろう?って思ったりしてましたが、陽水さんやLYNさんのノリを見てると、むしろコレだ!!って感じ。これを座って聴いているなんて無理ですよ。そこから「とまどう・・・」にしっとりと切り替えるのが陽水さんの陽水さんたる所以。こんなに雰囲気を一瞬で変えられるアーティストっていないと思います。

 アンコールは、今度はちゃんとした海の歌から・・勿論総立ちに。あのパフィーのフリで、客席が皆同じにならないで、思い思いになっているのが陽水さんファンの良さだよなぁと・・・「夢の中へ」への今堀さんのギターからメンバー紹介を兼ねながら演奏を重ねてゆくところも、ワタシのお気に入り。会場中のオーラがハッピーモードにチェンジして、何故かワタシもうれし泣き・・・なぜかこの曲でみんなが幸せそうに手拍子して歌っていると涙が出る傾向があり・・・なぜなんでしょうね。「少年時代」がなんとなく似合う伊東で、シメは陽水さんのブロックサインはなく、ギターから始まる「結詞」。そういえば、ライブ終了後のロビーで、最後の曲はどう読むの?と聞いてこられた方がらして・・・「むすびことば」ですよと・・・いや~市川でも相当満足しましたが、それ以上の満足感。

 陽水さんのライブって、ホントもっと多くの人に観て聴いて欲しいですねぇ。バックの皆さんの演奏やコーラスのお二人(当日はLYNさん、Fasunさん)のテクニックとグルーブ感もスゴイですし、陽水さんのボーカルは変幻自在で、ホント心動かされますから・・。本当にありがとうございました。

 終了後、当日帰れるのにわざわざ伊東に宿泊したファンの皆さんと、深夜まで楽しく飲んで語って・・・でも人それぞれの楽しみ方がある・・・というか「こうでなきゃ」みたいな熱い議論にならないのが、陽水さんファンの特徴でありいいところなのかなぁと。ワタシの次は地元神奈川の鎌倉芸術館。鎌倉ですが駅は大船なので、遠方の方はお間違えなく。

|

« UC2ツアー in 伊東観光会館 | トップページ | 箱根の賑わい »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/62588878

この記事へのトラックバック一覧です: UC2ツアー 2015 in 伊東市観光会館 2:

« UC2ツアー in 伊東観光会館 | トップページ | 箱根の賑わい »