« 陽水さんのライブを兼ねた旅~秋田 その1 | トップページ | 忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー »

2015年3月22日 (日曜日)

陽水さんのライブを兼ねた旅~秋田 その2

 じゃあ次週をお楽しみに!・・・みたいな筋の悪いTV番組のような終わり方で失礼しました。いや、単純に書くことに飽きてしまってるといいますか・・・ご存知の方はご存じでしょうけど、一応書くこともメインの仕事でして(音楽関係ではありません)、年度末にはもう「ウンザリ」という気分になってしまうので・・・悪しからず。

 Setlist_3 最初の曲は・・・これまで北海道の最初は「ワインレッドの心」、東北ツアーでは「シルエットロマンス」だったようですが、まあどちらもないな・・・というファンの直感は得てして当たるもので(笑)、「LOVE」に先祖がえり。そして「映画に行こう」と渋い選曲に続くのが、「大ラス」らしくもあり・・・。だからもっと行くべきだったのに~~と地団駄踏むような気分にならないのが、長年の陽水ファンの証(なんじゃそれ・笑)?まあライブってある種の「一期一会」ですから、ワタシにそれらの曲は必要なかったとうことなんでしょう。

 「氷の世界」の全曲を曲順通りにも、これで最後。いつもと違った気分で聴かせてもらいました。しかし「氷の世界」の後の会場の反応は凄かったですねぇ。このキャパでこの熱・・・これが東京では味わえない感覚なんですよねぇ。最後の「おやすみ」では・・・後のMCで陽水さんはちっと涙ぐまれたとおっしゃってましたが・・・。そうそうMCは、旧ネタ、新ネタを交えて・・・オチで会場が「どっか~~~ん」と爆笑の渦。もう熟練の域に入ったなと感じた理由は、陽水さんが一人二役で会話を再現するシーンで、自分のときは左を向いてしゃべり、相手のときは右を向いてしゃべり・・・そうです「落語」の世界だと思ったからなんですよ(笑)。

 リバーサイドの盛り上がりもすごかったですね。手拍子がすごかったですもん。このクールな摩訶不思議な世界観を歌う曲に手拍子なんて・・・とお思いの方もいらっしゃるんでしょうけど、地方では「アリ」でいいと・・・思います。ツアーも回数を経て、それぞれアレンジを少しずつ変えてサポートするメンバーの皆さんと、コーラスのお二人が、陽水さんのボーカルを引き立たせるように混ざり合って、いい意味での緊張感と迫力を客席に送ってくれた・・・そんな素晴らしいライブだったと思います。

 アンコールでは、カニ食べ行こう~とコーラスのお二人はパフィーのフリを「これでいいんだっけ?」的にやられる中、会場は手拍子やら、好きに踊ったり、こぶしを振り上げたり・・・この「まとまりのなさ」こそ、陽水ファンの「良さ」なんだなぁ~と妙なことを考えながら・・・。この曲と「夢の中へ」の楽しげな2曲で・・・ワタシの目にちょっと熱いものがこみ上げたりする不思議。「少年時代」で熱気は最高潮に達し・・・アンコール的な拍手が鳴りやまぬ中、陽水さんからは、あの傘の柄を持つサイン。お~国際Fに続きやってくれました「傘がない」。女性コーラスが袖に戻り、野郎だけの迫真の演奏と陽水さんの鬼気迫るボーカルに会場も圧倒されまくり・・・

 いつもならメンバーと揃って挨拶するところですが・・・陽水さんは無言で立ち去り・・・いや~サービス精神旺盛な陽水さんの「アーティスト」魂を見せてもらったという感じでしょうか。それくらいやりきった感はあったと思います。メンバー紹介のところでもありましたが、陽水さん、バックのミュージシャンの皆さん、コーラスのお二方、そしてツアースタッフの皆様、1年にわたる長いツアーを無事完走され、おめでとうございます。そしてファンの一人として心より感謝申し上げます。またすぐやってくださいね・・・きっと違ったスタイルなんでしょうけど。

 続く


  

|

« 陽水さんのライブを兼ねた旅~秋田 その1 | トップページ | 忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/61322537

この記事へのトラックバック一覧です: 陽水さんのライブを兼ねた旅~秋田 その2:

« 陽水さんのライブを兼ねた旅~秋田 その1 | トップページ | 忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー »