« 高田渡トリビュートライブ @ 東京・グローブ座 | トップページ | 陽水さんのライブを兼ねた旅~秋田 その2 »

2015年3月22日 (日曜日)

陽水さんのライブを兼ねた旅~秋田 その1

 前回大ラスの国際フォーラムで達成感を得てしまったせいか、3月の北国限定「氷の世界ツアー2015」にもうひとつ気分が盛り上がらず・・・でも「大ラス」は見たいよね・・・というファンの矜持で?秋田へ参戦することと相成りました。

 秋田は、既に仕事で2-3回行ったことはあります・・・が・・・すべて日帰りで、しかもクルマで連れまわされての世界で、ほとんど記憶がない有様。今回こそは1泊して、秋田の食と酒を堪能するぞ・・・と、既に本末転倒の図でして(笑)。せっかくの旅、鉄路で楽しむべき・・・ところなんでしょうが、まだまだセッカチな性格は健在なようで、飛行機での旅。

 まずは会場近くのホテルへ。おそらくここに陽水様ご一行が宿泊すると踏んでのこと(実際お泊りになってたようですが、遭遇はなし・笑)。ちょいと近場でもぶらぶらしてみようかと、地図をもらって散策。あ・・・結構前フリが長くなってしまいますので、あらかじめご了承いただきながら・・・話は前へ。

 Neburinagashikan まずは「ベタ」に、秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)を目指してひと歩き。・・・がぁ~~既に閉館時間を回っていたようで(笑)。その隣にあったいい感じの古い建物をパチリ。さりとて意味がないわけではなく、そのすぐ近くで、建物は新しいのに看板だけ昔のままの老舗が並んでるような、ちょっと素敵な通りを発見。おそらく道路の拡幅でセットバックした時に、伝統の看板は守られたのではなかろうかと推察。普通の観光より、こういう何気ない風景が好きなもので・・・

Akarengakyodokan 赤レンガ郷土館にもベタに行ってみましたが、ここもやはり早々に閉館のようで。ただこの界隈から川沿いの「川反(かわばた)」というエリアは、いわゆる昔ながらの歓楽街が「昭和」な風情を残してて・・・。なんともディープな感じがいい訳ですが、歩けば結構なテナント募集の空きスペースや、更地も多く、なかなかこういう風情が残るのも厳しいご時世なのかなと思ったり。
 
 ホテルの近くにある「木内百貨店」。散歩から帰るときにはもう閉店していてあれ?って思ったのですが、ちょいと調べてみると、1階の衣料品のみの大規模な縮小をされたようで5時に閉店とのこと。かつては相当な規模でにぎやかだったのでしょうね。翌朝、出かけるときに前を通りかかると、社員の人たちがガラスを丁寧に拭いてらして・・・郊外型のショッピングモールが出来て、秋田に限らずどこの地方へ行っても、昔の商店街や百貨店が縮小してゆくのを見るのは、何か「違うんじゃないの?」と。モールにも「飽き」がてきている気もしますので、何か違う形で回遊できるような仕掛けができるといいなと・・・。特にワタシなどは、観光よりも何気ない町の息遣いを感じる方が好きなもので・・・

 Akitakenminkaikan ちょいとホテルで暖まってから、会場へと向かいます。久保田城址にある秋田県民会館。開場時刻あたりの写真ですが、ずらっと長い列ができておりました。とりあえず、2015ツアーに参加した証をと、限定Tシャツだけ購入して席につき、あ~いよいよ「氷の世界ツアー」も最後なんだなぁ~としみじみしながら、スクリーンに映し出される陽水さんのフィルムをぼんやり眺めながら・・・開演を知らせるブザーが鳴るだけで拍手が沸き起こる・・・そうこの感じ・・・期待できそうですね!

続く

|

« 高田渡トリビュートライブ @ 東京・グローブ座 | トップページ | 陽水さんのライブを兼ねた旅~秋田 その2 »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/61322420

この記事へのトラックバック一覧です: 陽水さんのライブを兼ねた旅~秋田 その1:

« 高田渡トリビュートライブ @ 東京・グローブ座 | トップページ | 陽水さんのライブを兼ねた旅~秋田 その2 »