« 井上陽水「氷の世界ツアー2014」in 奥州 | トップページ | カセットはありましたよね »

2014年5月14日 (水曜日)

陽水ライブを兼ねた水沢の旅

 旅先でちょいとライブレポを書いて、それっきり・・・何かと忙しくしておりまして・・・でも自分の忘備録の意味合いも大きくなっているので、続きというか書いてみます。

 今回のツアーは、日の並びが良いので、どうもほぼ全部回ってしまいそうなツワモノの知人もいますが、ワタシとしては、「こんなことでもないとまあ行かないだろうな」をコンセプトに(どんなコンセプトやねん・笑)、行く先を決めています。ただここ何年か国内出張を山ほどこなしてる間に、行ったことがない場所がほとんどなくなり・・・結局、水沢(奥州市)が残ったという形。

 一ノ関は仕事で何度かお邪魔してるんですが、いつも日帰りで・・・そうだ世界遺産の中尊寺も行けてないし・・・まあこうやって理由づけをしたがる・・・メドクサイ性格が災いしておりまして(爆)。ライブ前にちょいと江刺あたりで観光して・・・なんてノリで、1か月前から「えきねっと」で超割安にチケットが買えたもので・・・浮いたお金でちょいとゆったりと・・・という気持ちでグリーン車での旅になりました。

 それが前回書いたように、サポートメンバーの方々と同じ車両になったという訳。全員存じ上げてる訳なんですが、この段階で今日のギターは今堀さんであることが図らずも判明。誰に声をかけるべき?なんて悩んでいるうちに、水沢江刺に到着。暑いくらいかなと思って薄着をしてきたら、思わぬ冷たい風に、ああ東北だと。駅レンタカーでちょいと観光して、ホテルで一休み。観光バージョンはまた後日ということで。

 まあ道が広くて走りやすい上に、「空が広い」・・・これって最大級の褒め言葉です! 陽水さんのMCではないですが、いいところにお住まいですね、奥州の方は。ライブ会場は、周りに田んぼも残り、カエルの鳴き声も聞こえるような開けた場所にありますが、立派なホールです。

Ticket
 そうそうイベンターさんでチケットを取ったのですが、なんと昔ながらの写真入りのいい感じのチケットで。「もぎり」はやめたんだとか・・・。ツアーTシャツ購入の列に並び座席に。例の映像と音楽をじっくりと堪能。一つ気づいたのですが、「夢の中へ」はだれか違うアーティストのバージョンっぽく・・・ひょっとして神聖かまってちゃん?キャパは1,500ほどですから、どこからでも見やすいはずですが、幸運なことにB列・・・2列目でステージが近いこと。

 右手からメンバーに続き陽水さん登場で、いきなり盛り上がります・・・この熱さがいいですね。手拍子を入れたり、一緒に歌われる方も多く・・・これを都市部でやるとどうなんだか・・・ってなるんですが、いいんじゃないの?って思えてしまう不思議。最初LOVEでくるかと思えば、そう5月なんですよね~。今回のツアーで陽水さんやサポートメンバーがやけに明るく元気がいいのは、これが理由?などと勘ぐってしまうほど、コーラスの女性ふたりが明るいし、元気だし・・・何より上手くて迫力あるし・・・このコーラスを生かしたいっていうのが、選曲にも表れてますよね・・・水瓶座の夜なんてぴったり。

 MCの内容とか、数日経過すると忘れてしまう・・・(笑)んですが、目に青葉、山ホトトギス・・・柿の種(爆)は、なかなかヤルなと・・・凝視されたり、し~~んとなるのが、お嫌いのようで・・・でも悪いのはワタシですから・・・と自ら突っ込む・・・あの絶妙の間と言い、会場がどっかんどっかん・・・そしてクスクスの苦笑いもあり・・・お笑いを生業とされてる方も是非参考にされた方がいいのでは?と思えてきます。

 「氷の世界」の全曲バージョンも含めて、テンポはややゆっくりめで、丁寧に歌われている印象の陽水さん。「あかずの踏切」の途中・・・うん??って思う箇所があるのですが、先日のテレビでレコーディングの時に良くわからないまま歌ったとおっしゃってたので、何が正しいのか・・・星勝さんしかわからないのがアレなんですが(笑)。「帰れない二人」と「待ちぼうけ」を一緒に作ったのが、忌野清志郎で、先日は命日で、早すぎたということに珍しく触れて・・・ワタシには少し涙ぐんでいるように見えました(そのあと間が空いたので会場からクスクス笑いが起こったので気づかなかった方も多いのでしょうが・・・)。

 陽水さんのボーカルで今日いちは・・・前にも書いた「氷の世界」ですね。もうライブでノリノリになる定番ナンバーとなっているこの曲ですが、この日の陽水さんのボーカルは、この曲の持つ激しさというか、冷たさというか・・・そんな感覚を、ほんとに切れ味鋭いナイフで切ったような・・・いい喩が浮かばないんですが、とにかくワタシの心は鷲掴みされました。いや凄いアーティストだと、改めて気づかされることが多いツアーですね。

 コーラスのお二人もいいですね・・・声量があってニュアンスの伝え方も上手いですし・・・そうそう、「小春おばさん」が怖いという方が多いハナシ。リリー・フランキーさんも言ってましたが・・・最初のところのLYNさんのコーラスパートが、もう絶妙というか・・・この後に「風は北風、冬風・・・」とくれば・・・確かにちょっとおどろおどろしいかも(笑)。「桜三月・・」の台詞のところ。ツアーも中盤に入ってくると、さすがに余裕というか、台詞の情感まで加えてきた陽水さん。これまたヤルなと。アップテンポでロックな終盤戦の選曲もいいですよね~。「ジェニー・・・」はゾクゾクっとするくらいイカシテル!

 アンコールの1曲目に・・・6月で来るとは意外でした。ただこれもコーラスが映える曲ではありますよね。「夢の中へ」でほぼ総立ち状態になって、会場がスゴイ熱気に包まれ・・・拍手がスゴイんですよ・・・陽水さんが「たくさんの拍手をありがとうございます」と言われるのも判る感じ・・・ステージで受けるお客さんからの拍手の「圧」って凄いんでしょうねと思ったり。メンバー紹介では、下の名前のところを伸ばして言ったり・・・おちゃめな感じというか、余裕すら感じます。「眠りに・・・」はワタシにとっては初でしたが、今日の楽しかったことをゆったり振り返るようなそんな幸せな気分にさせてくれるボーカルと演奏で・・・もう大満足でした。また思い出したら追加しますが、とりあえず・・・ってずいぶん長文ですが・・・

Setlist


|

« 井上陽水「氷の世界ツアー2014」in 奥州 | トップページ | カセットはありましたよね »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

Kさん、コメントありがとうございます。
やっぱりすぐに書かないと、いろいろ忘れてますねぇ~(笑)

投稿: HIRO@YOKOHAMA | 2014年5月15日 (木曜日) 20:42

いつも楽しく読ませていただいております。 素敵なレポートをありがとうございました!

投稿: K | 2014年5月15日 (木曜日) 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/59642839

この記事へのトラックバック一覧です: 陽水ライブを兼ねた水沢の旅:

« 井上陽水「氷の世界ツアー2014」in 奥州 | トップページ | カセットはありましたよね »