« NHKホール連戦 | トップページ | パワフルな2days 陽水LIVE in NHKホール(25日) »

2012年5月26日 (土曜日)

パワフルな2days 陽水LIVE in NHKホール(24日)

Setlist20120524 陽水さんの今ツアー参戦は、横浜、倉敷に次いで。ぼちぼち新サポートメンバーとのセッションもレベルアップしているかなという期待のかかるNHKホール2days。結局2日とも参戦してまいりました。ただどうも苦手なんですよねぇ~渋谷って(苦笑)。初日は千代田線で明治神宮前から代々木公園の脇をのんびりと。

 初日は1階Lブロックで。照明が消えて拍手や声がかかる感じ・・・クールな東京とは言えそれなりに盛り上がりそうな予感。陽水さんがMCで「仙台、盛岡と回ってきて思うことは東京のお客さんはお疲れ気味」だと言ってましたが、おっしゃる通り!ワタシはヘトヘトです(苦笑)。バンドが前奏を始めてから暫くして陽水さん登場というのはいいい演出だなぁと改めて思ったり。でも昔って、音が始まって幕が上がるスタイルだったよなぁ~とも。歳を重ねるということは、これから生きるであろう年月よりもこれまでの方が長いということ。いきおい昔話が多くなります(笑)。MCではHello, Good-byeの前にはなぜそんなツアータイトルになったかを説明する陽水さんですが、「説明しなければこ~んなに想像が膨らむのに、説明でこんなに小さなものになる」と言われたその感覚わかります・・・陽水さんのファンならネ。

 久々に聞いた「Power Down」を聞いてて思ったのは、長田さんのあのザクザクした感じのギターの雰囲気を陽水さんは今ツアーに求めていたんだろうなってこと。陽水さんのボーカルはホント今ツアーは冴えてますけど、それはきっと陽水さん自身の隠れた鍛錬の賜物なんでしょうし、長田さんのギターの影響もあるかも知れないなぁと。どの曲がいいとかいう次元を超えて、ロックなナンバーから張り上げる声、ふわっとした柔らかい声、深みのある声・・・曲調も様々ですけど、ボーカルも七変化。驚くべきアーチストのファンなのだなぁと嬉しく思います。

 そうは言っても・・・ワタシにとっての初日のベストは「最後のニュース」。最後の方はもう叫ぶような歌い方をされている陽水さんですが、欧州関係のゴタゴタ絡みで仕事が超多忙なワタシにとって「世界中の国の人と愛と金が入り乱れていつか混ざり合えるの?」というフレーズが心の奥深くにズドーンと突き刺さってくるようです。

 初日はカメラが入っていたのが見えましたから、NHKで放送されるのかも知れませんが、陽水さんはかなり前のめりな感じで気合が入っていたように見えました。それが故か、ちょっとバックの音に先走ったり、間奏の部分で歌われたり・・・なんて場面もありましたけど・・・それもライブの醍醐味そのもの。むしろそんな場面にどう対応していくのか、サポートとのやりとりなんてワクワクして見させて頂きました。逆にこういうハプニングなんて見ようたってそうそう観れるものではありません。

 夢の中へでステージがぱぁ~と明るくなって、お客さんもみんな楽しそうに一緒に歌ったり踊ったり・・・やっぱりアンコールの締めにはこの曲がいいなぁと。(25日分へとつづく)

|

« NHKホール連戦 | トップページ | パワフルな2days 陽水LIVE in NHKホール(25日) »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/54805536

この記事へのトラックバック一覧です: パワフルな2days 陽水LIVE in NHKホール(24日):

« NHKホール連戦 | トップページ | パワフルな2days 陽水LIVE in NHKホール(25日) »