« プロの仕事 | トップページ | ぐるめを兼ねた仕事の旅~その1 »

2011年5月27日 (金曜日)

名古屋食べ物事情

 このタイトルを見て「ピン」とくる方は、相当な陽水通でいらっしゃる・・・

 という出だして始めてみましたが、今日は名古屋へ仕事で行っておりまして、非常に珍しく「ゆる~~い」スケジュールだったので、昼も夜も名古屋名物を頂いたというお話の前フリで。

 ゆるいスケジュールとは言ってもそんなに時間もなく(なんじゃそりゃ)、名古屋駅の地下街「エスカ」で。ここは昔ながらの地下街の香りが残っていて、結構好きなエリア。

 お昼は、みそカツを食べようと「矢場とん」さんへ。少し早い時間に入ったので空いてましたが、昼時には行列もできているんだとか。「わらじカツ」という草鞋のような大きなカツを、ハーフ&ハーフ(みそソースと普通のソース)で。これまで駅弁でしか食べたことがなかった(!)ので、なんだか「濃い」味だよねえと敬遠していたのがウソのように、非常においしかったです。

 また自分の好みの話で恐縮ですが、ワタシの「とんかつ」のベンチマークは横浜の「勝烈庵」でして・・・それとの比較で言えば、少し難点がなくもなく・・・ごはんのお代わりにお金をとるのはいかがなものかと・・・キャベツ、ごはんのお代わりは自由で、しかもおいしいお米とキャベツを使っていることは・・・実は大切だと(何を語ってんだか
笑)。

 そして夜は「稲生」さんで「ひつまぶし」。実はこれも人生初体験。「上」と「ふつう」の違いは聞きませんでしたが、まあせっかくだからと「上」を。これは初のものなので、比較するベンチマークはないんですけど、うな重なんかと比べてタレの味が濃い目で、しっかりした味付けで、それはそれで美味しかったです。特にダシで茶漬け風に頂くと格別なものがありました。

 いずれもまた食べたくなるような、クセになる味だということで・・・

 さてさて冒頭の「名古屋食べ物事情」。これはちゃんとCDにもなっている陽水さんの歌(ライブでの即興ですけども・笑、当然、「ゴールデン・ベスト」などには入っていませんので悪しからず・爆)。「この世の定め」というマキシシングルのカップリング曲です。ほかにも「毛ガニ」などという曲も・・・結構マニアックで面白いですよ。そういえば、今回のオーチャードでも少し即興で歌っていらしたような。

 話はどんどん横道にそれてゆく訳でして・・・「この世の定め」の詞は、ふつうに読めば、陽水さんらしい「ワケガワカラン」風ではありますが、ワタシはこの曲が出た時期とも重ねて「9.11」のことを暗に歌っていらっしゃると・・・読んでいます。そう考えて詞を読まれると、相当シュールではないですか?

 なんでここまで話が横道にそれるのかと言いますと・・・東京は八重洲界隈の某タバコ屋さんの店頭に、なぜか段ボール箱に入れた形で、いろんなCDが・・・それも新品ですべて200円で売られているのを見て・・・そしてなんと陽水さんの「この世の定め」もあったから・・・まあそれがどうしたとおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが・・・

|

« プロの仕事 | トップページ | ぐるめを兼ねた仕事の旅~その1 »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/51785277

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋食べ物事情:

« プロの仕事 | トップページ | ぐるめを兼ねた仕事の旅~その1 »