« いつもと違った春 | トップページ | 豚まん »

2011年5月 2日 (月曜日)

陽の字

 GWの真っただ中、皆さんいかがお過ごしでしょうか・・・などと柄にもない始まり方で。
 
 ワタクシはと言いますと、仕事量は休日出勤をしなければこなせない程抱えてしまっているのですが・・・そうそういつも頑張っているのも・・・ちとツライものでして。
  
 もうなるようにしかならんわ!と匙を投げた状態で、読書でもしながらゆっくり過ごすことにしています。とは言え、なかなか震災の心理的なダメージは、帰宅難民となった実体験と東北の映像がごちゃまぜとなって、結構重いものがあるようで・・・。

 そんな時に、伊集院静さんの「いねむり先生」を読みました。色川武大さんとの「旅打ち」などのエピソードを交えて、「いねむり先生」の懐の深さ、大人の優しさ・・・その「品格」につつみこまれるような・・・これだけダイのオトナが愛して止まない先生って・・・一度お目にかかってみたかったものだとつくづく思います。

 この本の中に出てくる歌手の「I さん」とは、もちろん陽水さんのことですが、色川先生が「陽の字」と呼ばれているのを見て、なんだか懐かしい呼び方だなぁ・・・と。粋な年配の方って、昔こんな呼び方していたなぁと。

「Yさん」でなく「I さん」にする伊集院さんの感性も「大人」ですけどね。


|

« いつもと違った春 | トップページ | 豚まん »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/51560965

この記事へのトラックバック一覧です: 陽の字:

« いつもと違った春 | トップページ | 豚まん »