« 今日のみなとみらい | トップページ | 井上陽水 Tour 2010 Powder in 昭和女子大人見記念講堂(2日目) »

2010年11月16日 (火曜日)

陽水の「魔力」

 昨日からのどが痛くて、せきやくしゃみもひどいので今日は有休で寝込んでおりました・・・これで熱でもあれば、すわインフルエンザか?なんてことになるんですが、極めて平熱なところが迫力に欠け(笑)。食欲もふつ~にあり・・・

 そうだ明日は陽水氏の「魔力」発売日。ということは前日の今日の夕方には店頭に並ぶはず・・・ということで、夕方クルマで近くのWAVEへいそいそと。ちゃんといい場所に数十枚平積みされててPOPもあって嬉しい限り。もうこれだけでこのショップを応援したくなります(爆)。今週の人見のライブ会場で買えば、クリアファイルのおまけがつくんですけども・・・まあ陽水さんのアルバムを買う時の「儀式」みたいなものでして。

 一刻も早く聴きたいもので、クルマの中でCDをかけて(勝手にハードディスクに録音もしてくれるスグレもの)、結構なボリュームで聴きながら帰路へ。丁度帰宅時で道は混んでいたのが幸いして(笑)、あの厚木でもらったサンプル版が途中で終わる「じれったさ」がみるみる解消されてゆくウレシウサ。

 詞はますます磨きのかかった判らなさ・・・なんですが、それも英語やどう聞いても陽水さんが生み出した言葉が混ざり合い、不思議な世界へ連れて行ってくれます。それなのに、途中で「ハッ」とするフレーズが耳に残ったり・・・「僕のハートは記憶のパレット」だなんて何てステキなフレーズかしらんとか・・・と思えばいきなり「メンドリとオンドリはメキシカン」とか」(笑) 

 ありきたりの思いを、それも狭い世界観で歌にしている若いアーティストの曲にうんざりすることが多いこの頃では、やっぱりこのワカラン感じって大切だよねってつくづく思ったり。でも実は結構陽水さんって、どんどん宇宙とつながっていってるような気がします。

 曲も自分を一つのジャンルに閉じ込めることがない、まさに「陽水」というジャンル。正統派のバラード「覚めない夢」は、曲を川原伸司さんと一緒に作っていらっしゃるようで・・・そう「平井夏美」さんと同じ方です。そうだからと言う訳でもなく、また来月のNHKのドラマの主題歌になっているからでもなく、個人的にはこの曲が2010年代の「少年時代」のような楽曲になる予感がしてます。

 「BLACK SISTER」ではLeccaさんという女性アーティストがバックコーラスに参加。シマウマだとかハチミツだとか、時おり英語やら陽水語に混ざって出てくる日本語にはっとさせられたり・・・ほっとくと1曲づく感想を述べてしまうそうなのでこのあたりで・・・「世界はミステリー」あたり、ライブのアンコール曲にいいかも(ファンがコーラス部分をちゃんと歌えれば・・・のハナシですけども・・・まあ無理だなぁ~・笑)

|

« 今日のみなとみらい | トップページ | 井上陽水 Tour 2010 Powder in 昭和女子大人見記念講堂(2日目) »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/50050221

この記事へのトラックバック一覧です: 陽水の「魔力」:

« 今日のみなとみらい | トップページ | 井上陽水 Tour 2010 Powder in 昭和女子大人見記念講堂(2日目) »