« マネー資本主義 第4回を見て | トップページ | 朝の電車でお盆を知る »

2009年8月 1日 (土曜日)

愛の装備

 今日は夢の中の話を。

 どういう経緯かワカンナイんですが(まあ夢の中のハナシは大体が支離滅裂ですけど・笑)、陽水さんの曲で一番好きな曲は何?と誰かに聞かれて、いや~一杯あってどれがなんて言えないみたいなことを言いつつ、浮かんできたのが『愛の装備』と言う曲でした。なぜか判らないんですけど、確かにこの曲はワタシの好きな曲の一つであることはマチガイないこと。これはアルバム『WHITE』(1978年)に収録された曲で、ワタシはこのアルバム自体が陽水さんの詞のキレが凄くて、曲も星勝さんのアレンジに統一感もあって、大好きな一枚です。

 『WHITE』の中の『愛の装備』は、スピード感があってクルマが夜を滑ってゆくようなイメージに仕上がっていますが、陽水さんとしてはアレンジを変えてみたかったらしく、『ガイドのいない夜』という92年のセルフカバーアルバムにも佐藤準さんのアレンジで収録されています。こちらはもっと夜の深さが際立っているという感じですが、ワタシは『WHITE』の方が好きで、昔、若い頃(そんな頃もありました・笑)カセットテープに「陽水 in Summer」という夏のイメージに合う曲を集めて良く聴いていたことがあるんですが、その時の一番がこの曲だったことを思い出したり。

 この曲で歌われている季節が「夏」かどうかはワカラナイはずなんですが、ワタシにとっては夏そのものに感じていたんでしょうね、きっと。それはさておき、陽水さんはアルバムの歌もいいんですが、ワタシもやっぱりライブでの歌には長年心を揺さぶられてきたうちの一人で。どのライブが一番印象的だったかと聞かれれば、記憶は定かではないんですが、大阪のライブで聴いた記憶があるので、多分80年前後のライブだと思うんですが(なんてことを思い出せないので、ここ何年かはライブのレビューを書いたりしているんですけど)、ピアノだけをバックに『愛の装備』と『招待状のないショー』を続けて歌われた場面が浮かんできます。口をあんぐり状態で惚れ惚れと聴き入っていたことを思い出します。

 最近のライブでは歌われないんですけど、是非歌って欲しい1曲ではあります。また当時からこの曲をクルマのCMに使ったらどうか・・・なんて思っていました。技術というハードじゃなくて、「愛」というソフトを装備したクルマ・・・あったらステキじゃないですか。ハイブリッドもいいですけど、「愛を装備したクルマ」も是非出して欲しいですね・・・おっとすっかりハナシは横道に逸れてしまいましたが、いつものことで(笑)。

 

|

« マネー資本主義 第4回を見て | トップページ | 朝の電車でお盆を知る »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/45806100

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の装備:

« マネー資本主義 第4回を見て | トップページ | 朝の電車でお盆を知る »