« 酒田・鶴岡の旅(その4) | トップページ | 酒田・鶴岡の旅(その6・完) »

2009年6月 1日 (月曜日)

酒田・鶴岡の旅(その5)

Sankyosoko
 翌日は前日と打って変わっていい天気で暖かいというか少し暑いくらい。早々に朝食を頂いてチェックアウトして、駅の観光案内所でレンタサイクルを借りて観光へGO! 久しぶりの自転車でおっとバランス感覚が・・・(笑)。基本的にフラットな地形なので、楽に移動できます。まずは一部がまだ現役の米の保管庫となっている山居倉庫へ。庄内米の歴史に触れながら、かつての北前船で賑わっていた頃をイメージしながらぶらり。

Honmake 続いて本間家の旧本邸へ。観光バスで団体さんがガヤガヤといらっしゃり、少しやり過ごして静かに古い建物の中を見学。ここに限らずですが、「おくりびと」ブームはまだ続いているのか、あちらこちらに団体さんがいてビックリです。

Somaro そして少し街の中心部を横切り相馬楼へ。かつて料亭だった相馬屋を修復した建物。入場券を買い振り返るといきなり舞妓さんが立っていて館内の説明をしてくれて、度肝を抜かれました(笑)。次の「山王くらぶ」を見ても思うことなんですが、やはり金が集まるところに文化は育つというんでしょうか。岡山県人(というワタシも根無し草なので岡山県人とは言い難いんですけど)には馴染みの深い竹久夢二さんもこの界隈に何度かいらしていたとか。

Sannoclub ここ山王くらぶも溜池山王みたいな名前ですが(違うか・笑)、元料亭。一つ残念なのは、どこも内部の写真撮影が出来ないことでしょうか。今振り返ってみると、どこで何を見たのか思い出せない(笑)。駐車場はどこも整備されてましたが、自転車だと却ってどこに止めていいのやらと迷ったり(・・・と言いながら堂々と停めている自転車がレンタサイクルです)。

Nkagent そして小高い丘を駆け抜けきれず、途中で自転車を押すハメになった日和山。『おくりびと』をご覧になった方はあっと思われる「らしい(ワタシは観ていない)」のですが、NKエージェント。ここも団体さんがあーだこーだと大騒ぎ(笑)。どうもここの横の建物内部にはセットが再現されているらしいのですが、静けさを好むワタシ的にはパス。

Hiyoriyamapark2 日和山公園には広い芝生広場があり、千石船が置いてあったり。地元のお母様方が小さなお子さんを連れてのんびりされてましたが、こういう地元の人にとっての日常の方が、ワタシには落ち着くようです。坂を上れば当然その後には下りがある。自転車に乗って人生を考えるとは思いもよりませんでしたが、きつい坂のあとの下りは風が気持ちいい~。

ということで、もういい加減に終わらねばいけませんが、あと1回だけ続くということで・・・
 

|

« 酒田・鶴岡の旅(その4) | トップページ | 酒田・鶴岡の旅(その6・完) »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/45205913

この記事へのトラックバック一覧です: 酒田・鶴岡の旅(その5):

« 酒田・鶴岡の旅(その4) | トップページ | 酒田・鶴岡の旅(その6・完) »