« 酒田・鶴岡の旅(その5) | トップページ | マネー資本主義 »

2009年6月 3日 (水曜日)

酒田・鶴岡の旅(その6・完)

Mangetsu 日和山でひよっていると、もうお昼近くで小腹も空いてきたので、前日の予定通り酒田ラーメンを食べに行くことに。これも予めホテルのお勧めにあった「満月」へ。結構有名なのか、ひっきりなしにお客さんが吸い込まれていく店でした。ワンタンメンが有名ということでワンタンメン(700円)を頂くことに。スープは魚介系が強い尾道あたりの瀬戸内系の味に近い印象で、ワタシが高校生の時良く食べていた味を思い出し結構満足。麺もスープも大盛りかいという量でしたが完食!

Tsuruokaeki
ここでお腹が一杯になるとちょっと達成感もあり、どこへ行こうかなぁとふと「おくりびと」のロケ地マップなどを見ていたら、銭湯は鶴岡にあるということに気付き、まだ時間もあるしまた汽車に揺られることに。駅の観光案内所で親切に教えて頂いて、また観光用のレンタサイクルをお借りすることに。酒田もそうですが、いずれも無料なのが太っ腹!自転車はこちらの方がちょっといい感じ(笑)。

Chidomuseum 是非見ていってくださいと勧められた到道博物館へ自転車を走らせます。元々は庄内藩主酒井家の御用屋敷だったものを博物館として公開したものだそうで、写真にあるのは旧西田川郡役所(陽水さんがMCで東田川なんて地名をおっしゃってましたが、西田川があるじゃないか・笑)や、多層民家、旧鶴岡警察署庁舎など、歴史的建築物が移築されています。まあ平日ということもあり静かな御用屋敷の縁側で庭を愛でる余裕もあったり・・・このような古い建築物が好きなもので、居心地が良かったです。ただちょっと観光モードに疲れも出てきて、せっかく自転車なんだし地図もあるしということで、あてもなく走ってみようと思い立ち、あてもなく走っていると、地元の高校生らしき人にこんにちわ!と挨拶されたり、地図を広げて自分の位置を確認していると、近くの方がこの辺だよと教えて下さったり、なんだか心が癒されます。

Tsurunoyu そして当初の目的だった銭湯「鶴の湯」へ。この辺なんだけどなぁと走っていると案内看板が。映画を観ていないのでどんなシーンで使われているのかわかりませんが、銭湯というよりも普通の古い商店の佇まいでした。これで一応達成!ということで、あとは、ちょっと地方では元気がないのが残念だけど個人的には大好きなアーケード付きの「銀座」商店街や、川沿いに整備された公園などを散策して酒田・鶴岡の1泊2日の濃い旅は終了です。印象的だったのは皆さんがとても親切だったこと。これが何よりの観光資源だと思います。何かにつけご親切にして頂いた酒田と鶴岡の皆様に感謝申し上げます。

P.S. そうそう、庄内空港のレストランは1階の喫茶店、3階のレストランともに平田牧場で、早めの夕食で美味しい三元豚を頂きました。三元豚って山形のブランドだったんですねぇ。横浜の勝烈庵で良く頂いているんですが、それも山形のものなんでしょうか?

|

« 酒田・鶴岡の旅(その5) | トップページ | マネー資本主義 »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

酒田のライブは良かったですよ、ホント。ワタシはちょっとスリムの逆になってますけど(笑)。

奈良もいいとこでした。最近は、東京にお見えになっている阿修羅像にハマる「アシュラー」が増えているらしいですが、丁度ワタシが奈良へ行った時には阿修羅様にはお目にかかれず仕舞いでした。

横浜は開港150年祭Y150で盛り上がっていて、象の鼻と呼ばれる昔の突堤を再建して公園にしたり、マリンタワーも新装開店しました。是非横浜もお楽しみください。

投稿: HIRO@YOKOHAMA | 2009年6月 7日 (日曜日) 00:31

HIROさん酒田♪は温かくって素敵なコンサート♪でしたね~♪ 照明も映像も陽水ダンスも良かったですね♪
ようこそ酒田~♪とご挨拶もできずに残念!でした・・・
用事があり、開演には間に合いましたが、翌朝も早々に帰りましたので・・・
私は、精悍な感じで歩いてるのHIROさんを一瞬見かけましたよ~♪会場に向かってるときに・・なんか、ちょっとスリムになった?のかしら・・・
酒田・鶴岡の旅を満喫されたようですね~♪楽しく拝見しました♪奈良の旅も良かったですね♪私も友人と奈良に行ってこようと思います♪HIROさんの足跡をたどりながら~♪
横浜♪楽しみですね~♪

投稿: 白いカーネーション~♪ | 2009年6月 6日 (土曜日) 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/45226671

この記事へのトラックバック一覧です: 酒田・鶴岡の旅(その6・完):

« 酒田・鶴岡の旅(その5) | トップページ | マネー資本主義 »