« 伊勢の旅(その3) | トップページ | 地元横浜で陽水ライブ »

2009年6月27日 (土曜日)

伊勢の旅(その4・完)

 今回はライブを観るために、夕食付ではない宿にする必要があって、1日目は会場近くのホテル、伊勢パールピア・ホテルにお世話になりました。敷地内に無料の自走式駐車場があり、部屋も綺麗でしたし、向かいに地元の味わい深いスーパーや、近くにコンビにもあり便利が一番のビジネス・ホテルとしては十分でした。あと、ライブ前にちょっと夕食をと思い、ホテルのイタリアンに入ったのですが、意外といっては失礼ですが、非常に美味しかったです。この季節は伊勢海老ではなく鮑ということで、鮑のステーキがソースも飾り付けもGoodで、サラダの野菜がウマイし、ピザもワタシの好きなナポリピザのようには行きませんが、手作り感のあるモッチリしたもので美味しかったです。

Meotoiwa2 翌日は、毎年伊勢に行くので違った宿を試したいということで、夫婦岩の近くにある大石屋さんへ。二見浦が目の前の立地で眺めも良く、小じんまりした宿なんですが、全て畳み敷きで快適。"Value for Money"という価値観が強いワタシも、このお値段なら十分に納得がいく宿でした。ちょっと鮑も含めて貝づくし的になって、暫く貝はいいなと思いましたけど(笑・肉とか魚とかバリエーションを付けて頂けると尚良いかと)。とりあえず、すぐ近くにある夫婦岩へ。二見興玉神社の中というか先にあるのですが、白装束を着た方々が多くいらっしゃって何かな?と思ったら、丁度夏至だったので夏至祭で禊(みそぎ)をおやりになるんだとか。

Meotoiwa3 本来は、伊勢神宮に参拝する場合には、その前に二見浦で禊を行うのが慣わしだったそう。そういう方々がいらっしゃるかと思えば、早朝から付近をランニングする高校生もいたり、なかなか興味深い光景でした。そうそう、夏至にはこの夫婦岩の間からご来光を拝めるのだとか。それも遠く富士山の頂から上がってくる・・・こんな話を聞くと(写真は見ましたがお~っと感動します)、この場所の神秘性も頷けます。とは言っても生憎の雨模様でご来光を拝むことはできませんでした・・・というかそんなに早く起きられませんでしたが(笑)。

そうそう書き忘れてました蛙のこと。二見興玉神社の御祭神は猿田彦大神で、天孫降臨の際に道案内をされたと言われており、古来、交通安全 善導の守護神として広く信仰されていて、蛙は大神の御使いと信じられているとのこと。それで貸した物がかえる、若がえる等の縁起により御利益をうけられた方々が献納されたという蛙の置物があちらこちらにありました。月讀宮で出会った小さな蛙に導かれたと言えなくもないということで・・・。

 ということで、今年のお伊勢参りは陽水さんのライブを兼ねた旅となりました。帰りはETC割引の達成感を味わいたく(笑)、チェックアウト後にすぐ高速に乗り帰ることにしました。早い時間に出発したので、懸念していた渋滞にも遭うことなく5時間半ほどで帰宅。横浜町田の料金所で1,350円!という表示を見て、達成感を味わうこともできめでたしめでたしということで・・・

 ワタシの陽水さんライブ観戦はあとは地元横浜2daysのみ。横浜は今Y150で盛り上がってます。ライブで横浜へお越しの皆様。会場はみなとみらい線の日本大通駅すぐです。付近には大さん橋(ウッドデッキ状になった「くじらの背中」と呼ばれる屋上は、みなとみらい地区が一望できる絶好のフォトスポットです)の近くに新しく出来た「象の鼻」と呼ばれる昔あった桟橋が蘇ったりしているよう(ワタシはまだ行ってませんが・笑)、中華街や馬車道などのグルメ・スポットも数多くありますので、是非横浜をお楽しみください。

|

« 伊勢の旅(その3) | トップページ | 地元横浜で陽水ライブ »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/45471925

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢の旅(その4・完):

« 伊勢の旅(その3) | トップページ | 地元横浜で陽水ライブ »