« 酒田・鶴岡の旅(その3) | トップページ | 酒田・鶴岡の旅(その5) »

2009年5月31日 (日曜日)

酒田・鶴岡の旅(その4)

 そんなこんなで開場の時間も近くなり04年に完成した希望ホールへ。ここはキャパが1,300弱で小沢征爾 さん指揮の新日本フィルのコンサートも開かれたシューボックス型のクラシックがメインの真新しいホール。映画『おくりびと』のロケもここで行われているようです。クラシックがメインのホールはPAのコントロールが難しいのか、ライブの前半は音のバランスがいま一つではありましたが、それもこれもその日限りのライブだから仕方のないこと。季節外れの寒空で小雨が少し舞う中、入場を待つ人の列が長く伸びてゆきます。

 最初の登場の場面での拍手と掛け声の多さに気を良くされたのか、今日の陽水さんはいつにも増して饒舌。酒田には是非来たかったことを力説。多分初めてだということで、初めて来られた人に拍手を求めると結構いらっしゃったので、ファンとしてもちょっと嬉しい気持ち。だってこの最強バンドをバックにした陽水さんのライブ・・・一度見なきゃ損ですから(笑)。今回はそのバックでは、今さんがアコギを演奏する曲が多くて、ちょっとメッケモン的な感動を覚えたり、毎回陽水さんのメリハリに合わせて、自由自在にアレンジを変えてくるところがニクイ。酒田では1曲陽水さんが、バンドのリズムより少し遅れて歌われていた曲があったのですが、それも途中で何事もなかったように陽水さんに合わせてゆく・・・気付かなかった方も多いのでしょうね。それくらいチームワークがいいんですよね。それに加えてコーラスのうら若き女性3人が同行してますから、なんかステージ全体のオーラが楽しげとでも言うんでしょうか。
 
 セットリストは酒田から少し変えてこられましたが、まあセットリストなんて意味がないこと。毎回アレンジも陽水さんのボーカルの調子も違いますから。今日のイチオシは『氷の世界』。前にも書きましたが、アレンジがあのアルバムの雰囲気に近いのにでも新しいサウンドという感じで、コーラスの雰囲気もいい塩梅で(変な表現でスミマセン)、迫力あるバックの演奏に、間奏でちょっと踊る陽水さん・・・曲が終わった後の会場のどよめき具合が、その凄さを物語っていたと思います。いや~いいものを観させて頂きましたという気持ち。教科書にも載っている『少年時代』。正直いつものワタシならさほどぐっと来るワケではないのですが、こういう山形の空気や田園風景に触れると、ストンと心に落ちてくるというか、我ながらビックリの発見でした。

 アンコールの前に流れる様々なPVやCM等の映像のリアクションが面白くて・・・特にセフィーロの「皆さんお元気ですかぁ~」の反応が極めて宜しいようで(笑)。そして「何者でもない」という自分になりたいとのインタビューがメッセージなんでしょうね。アンコールの最初に『LOVE RAINBOW』なんだろうなと油断していると、いきなり『アジアの純真』で虚を付かれ(笑)、思わず立ち上がってしまいました。アンコールの拍手とようすい~~!という掛け声に応えるのは、このスタイルがいいと思われたのか、ハタマタ会場でご覧になっていたコーラス参加者の方の混乱を避けるためなのか・・・そのコーラスですが、しっかりボーカルマイクにも乗って、女性の声が一杯というこの曲のイメージにピッタリくる出色のもので、陽水さんも何かこの企画がようやくハマッタな的な感動を表現する言葉もあったり。『夢の中へ』はさすがに総立ちで会場が一つになって皆さん楽しそうでこっちまで嬉しくなってきました。端の席だったので「いっそ・・・」も立ったまま余韻を楽しみながら2時間15分ほどのライブは幕を閉じました。

 ワタシも陽水氏のライブを兼ねた日本の地方を巡る旅を楽しむようになってから、色んな地方に行きましたが、ハコの大小は関係なく、聴き手のワクワク感が会場の温度を上げて、そして会場のオーラも綺麗な色に変わり、それが陽水さんやバンドの皆さんに伝播して、いいライブになるんだなというのを実感したライブでした。ワタシの次は神掛かった場所で、いいオーラが流れている場所でワタシの好きな場所です。きっとステキなライブになるのではと今からこちらもワクワクしています。

 ということで、ライブ後はひと気の少ない道をホテルまで、気分良くぶらぶらと歩いてゆきました。翌日は最終便の飛行機まで時間があるので、じっくりと市内観光を気ままにする予定です・・・・続く
 

|

« 酒田・鶴岡の旅(その3) | トップページ | 酒田・鶴岡の旅(その5) »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/45194168

この記事へのトラックバック一覧です: 酒田・鶴岡の旅(その4):

« 酒田・鶴岡の旅(その3) | トップページ | 酒田・鶴岡の旅(その5) »