« ボリューミー | トップページ | 平成筑豊鉄道のネーミング・ライツ »

2009年1月17日 (土曜日)

LOVE LILA

陽水さんが主題歌「LOVE LILA」で参加される、繰上さんの初の映画監督作品「ゼラチンシルバーLOVE」の話題って、自分の中では既にこのブログに書いたつもり・・・だったのですが、履歴を見ると書いていない(笑)。まあ、年を重ねるということはこういうものです。この映画については、公式HPも立ち上がり、ブログ・パーツなるものがあって、タグを貼り付けてもいいとのことだったので、上に貼ってみました。

 onを押すと予告編が流れ、途中で陽水さんの「LOVE LILA」のさわりも聴けますので、ぜひお試しあれ。その後のギターのフレーズは、陽水さんのツアーメンバーとして欠かすことができない今掘さんのもの。映画音楽を依頼された陽水さんも、さすがに主題歌までで、あとは今堀さんに丸投げだったんだとか。妖しい雰囲気の映画のようですので、独特の感性を持つ今堀ワールドがしっくりくるように思えます。あ、この映画のオリジナル・サウンドトラック「ゼラチン・シルバーLOVE」が、映画公開前の2/25に発売になるようなので楽しみです。

 さて、陽水さんの09年ツアーもいよいよ4月からスタートです。ワタシは、ホトケがかったトコや、カミがかったトコや、北の日本海沿いやら、地元やら6ヵ所のチケットを押さえました。ここでも書きましたが、なんだか本来チケット代金に含まれるべきいろんなものが上乗せされるシステムって何かヘンな気がするんですけどねぇ(ってシツコイ?)。あ、先行で唯一落選したものも、同じサイトで今日から先着で発売してるんで押さえましたよ。でもこれも、店頭引取りなのに、先行手数料(なんで?)など上乗せされ、8,400円が9,000円に跳ね上がる構図は一緒でした。

 チケットは郵送なんでどんな席かわかりませんが、今年も陽水さんのライブを見られるということが決まったんで嬉しい限りです。でもワタシってこう見えて結構気疲れするタイプなんで、あんまり前だとステージからの視線やら、後ろのお客さんのことも考えたりして、どうしよ~って気分になって、以前に苦しめられたパニック障害の記憶が蘇ったり・・・通路側じゃなくて真ん中の席だったりすると、別に行きたくもないのにトイレに行きたくなったら迷惑だな~なんてことが気になりすぎて、またしても気分が悪くなったり(笑)。まあ人それぞれ悩みはあるワケですよ。
 
 ということで、これらの問題点をまとめますと(ヲイ、どの話だ!と思わずに・笑)、変な手数料乗せるんだったら、チケット代自体を出来るだけ下げて欲しいなあと。陽水さんのライブ自体にはそれだけの価値が十分にあると思いますが、ワケのワカラン金を払うのはやだなと思うワケです。あと全席指定で同料金なんてやらずに、昔のコンサートのように、S席、A席、B席、C席とか(SS席なんてあってもいいかも)値段を分けて、見る側の気分や予算にあわせて好きにさせて欲しいなと思う今日この頃でした。 

|

« ボリューミー | トップページ | 平成筑豊鉄道のネーミング・ライツ »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/43760825

この記事へのトラックバック一覧です: LOVE LILA:

« ボリューミー | トップページ | 平成筑豊鉄道のネーミング・ライツ »