« 最後のニュース | トップページ | キャンセリングできない車内放送 »

2008年11月22日 (土曜日)

背中まで45分

 12月10日に井上陽水氏のバラード・ベスト・アルバム『BEST BALLADE』がリリースされることになったようです。「バラードだけ集めたアルバムがあったら」という声が多かったため・・・のようなニュアンスですけど、この前の筑紫さんの追悼番組での「最後のニュース」の反響もそうなんですが、どうも時代が陽水氏の音楽を欲しているような気がするんですよね。まあ世の中、これまでアメリカ中心にガチャガチャと利己的な、世知辛い雰囲気で進んできていて、でも他方で、なんだかヘンだよね~と思う人もケッコウ出てきていたりして、ちょっと落ち着いて自分とか世界を考えてみようよ・・・的なムードがある気がしています。

 ワタシのようなコアな陽水ファンにすれば、別にアルバムなんて全部持ってるし、ニューテイクでないのなら、その曲順で並べて聴けばいいハナシだし・・・なんて思ったりするワケですが・・・(笑)。とは言え、「つめたい部屋の世界地図」とか「結詞」なんていうのは、オリジナルとは別に、ニューアレンジ仕様のベストアルバムとして92年にリリースされた『ガイドのいない夜』のバージョンもあり、FLMEでリリースするなら、権利関係で多分こちらのバージョンなんだろうなとか、まあそれくらいのことは一応考えてました。

 ところが、とあるファンの方から、陽水氏の携帯サイトに、このアルバムの曲と編曲者の名前がクレジットされていて、どうも「背中まで45分」のアレンジャーが菊地成孔さんになっているというご指摘。ほほ~そうきましたかと。というのも、オリジナルとしての音源は82年のアルバム『LION&PELICAN』で、アレンジャーは川島裕二さん(BaNaNa-UGさん)だったから。菊地成孔さんアレンジでのCDになった音源はないはず・・・でもモチロン接点はあって、05年11月にNHKBSで放送された「空想ハイウェイActⅣ」(当時のワタシのブログ記事はココ)で菊地さんのアレンジで、氏の打ち込み系の音とサックスをバックに「背中まで45分」をセッションしているんですね。ということは、この時の音源を使うのか?それともニューテイク?などなど、コアなファン対策にも抜かりがないFLME。とは言え、選曲もなかなか渋いツウ好みのものもあり、陽水氏の新たなファン層拡大にはきっと貢献するんでしょうね。

 余談ですが、最近どうも、なんだか偶然のような必然のようなことがケッコウありまして・・・つい先日、この菊地さんのアレンジの話を聞くちょっと前。仕事で日銀に行っていて、日銀の方の案内で旧館を見てせ頂いたりしていたのです。そして帰りには、わざわざあの旧館の中庭(事前の予約がないと一般の方は入れないとのこと)を通ってだったのですが、そうファンの方ならお気づきでしょう。菊地さんと番組で「背中まで45分」のセッションをされた場所がこの日銀旧館の中庭なんですよ・・・。あ~ここだぁなんてワタシは単純に感動したワケですが・・・(笑)

|

« 最後のニュース | トップページ | キャンセリングできない車内放送 »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。カキコミ有難うございます。
まだ金庫室には行っていませんが、旧館にある日本で2番目に古いエレベーター(古いながら豪華な内装に感動しました)や、歴代総裁の肖像画など堪能してきました。唐津では辰野金吾氏の展示品が感動ものですよ。

今日ふと思い出したのは、中庭でロケをやったのは確か「ジェラシー」の方だったこと。「背中まで45分」は室内でしたね。ここでお詫びと訂正を。

今後とも宜しくお願いします。

投稿: HIRO@YOKOHAMA | 2008年11月26日 (水曜日) 22:38

初めまして
HPで陽水についての情報をいつもありがとうございます。
いつも読み逃げしているきさら先といいます。

日銀の旧館をご覧になったとのこと、羨ましいです!申し込めば見られるようなんですが、まだ行ってないんですよ。
内庭って普通は入れないんですか?
いちばん見たいのに~ショクです。演奏をした場所、という以外に、内庭好き、なんです。
ちなみに二番目は金庫室です(笑い)

唐津で辰野金吾ゆかりの建物をご覧になった記事も拝見し、ヤラレタ!と(笑い)
わたしは気づきませんでした。残念です。

投稿: きさら先 | 2008年11月26日 (水曜日) 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/43194677

この記事へのトラックバック一覧です: 背中まで45分:

« 最後のニュース | トップページ | キャンセリングできない車内放送 »