« Just Fit | トップページ | 主旨に賛同しているわけじゃないけど・・・ »

2008年7月 7日 (月曜日)

YOSUI Info.

 久々に登場のYOSUI Info.のコーナー。陽水氏の2008年ツアーも今週木、金のオーチャード・ホールで終了し、秋のツアーはあるのか?という期待も込めて、そしてもう色んなことを覚えていることに疲れた(?・笑)自分の備忘録として、7月の陽水氏関連のニュースをまとめてみました。

 まずは、現在TVCFとして良く見かける』キリンビール・ブランドCM。松本幸四郎さん、市川染五郎さん親子がビールを酌み交わしながらの自然な感じが印象深いCF。そのバックに流れているのがご存知『少年時代』。夏が来れば思い出す・・・遥かな尾瀬遠い空のような定番曲となっています(ナンノコッチャ)。元々は1990年に、東宝映画「少年時代」の主題歌としてリリースされ、その後もSONY「ハンディカム105」イメージソングとして流れたり(この時にヒットしました)。着うたで配信が開始され、そして7月16日には再度通常サイズのCDとして再度発売されるとのこと。カップリングが『荒ワシの歌』。息子さんの少年野球チームの応援歌として作られたこの曲。少年時代の雰囲気とはガラっと変わったところがいかにも陽水氏らしい遊び心。

 7月10日発売 『環境と欲望―東京環境会議
2007年3月に、「環境と欲望」をテーマに、小林武史の呼びかけのもと、クリエイターやアーティスト、有識者たちが集まって開催されたイベント「AP BANG! 東京環境会議」。大トリで陽水氏が『最後のニュース』を歌ったのはTVでも放送されていましたが、陽水氏も含めたイベントに参加した一部のアーティストと小林武史の対談も収録された単行本が発刊されるとのこと。

7月16日にリリースされるCDが 『弾き語りパッション
これは、随分とマスコミでニュースとして流されていましたが、今ツアーの会場限定でしかも100-200枚という限定数だったために開場してすぐに完売となった昨年のツアーの弾き語りパートのベスト盤を集めたCD。会場限定のMCの入ったCDは付録として付かないようですが、こうやって弾き語りのライブ音源だけというのは貴重。陽水氏の「パッション」を感じられるお勧めの一枚。

7月23日に発売のDVD 『FUJIROCKERS~THE HISTORY OF THE FUJIROCK FESTIVAL~』。
11年間のフジロックの歴史を詰め込んだDVD。陽水氏は2002年に出演されていますが、どの曲が収録されているのか判りません。ただ当時TVで放送された映像を観た感じでは、他の夏フェスよりオーディエンスとの一体感があって、素晴らしいパフォーマンスを示し、フジロックの伝説となっています。

7月27日に放送。 WOWOW 井上陽水コンサート2008 
ワタシも観にいった6月29日(日) Bunkamuraオーチャードホール(東京)の収録分。2時間超のライブを1時間半にまとめるということで、どんな編集をされてしまうのか判りませんが、最後まで賛否両論だった(笑)アコースティック・モダンのほぼ完成形。アレンジの面白さと、陽水氏の深みのあるボーカルが見もの。Don't miss it !!

|

« Just Fit | トップページ | 主旨に賛同しているわけじゃないけど・・・ »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

HIROさん、お久しぶりです。

先日のオーチャド公演参戦お疲れ様でした。
HIROさんはコンサート鑑賞中に少し体調を崩されたそうですが、くれぐれも体調管理には注意して下さいませ。

今月は陽水さん三昧ですね♪
先ほど「弾き語りパッション」アマゾンで予約しました(「もどり道」もセットで)。
発売日が私の誕生日なので、自分へのバースデープレゼントにしたいと思います。

投稿: 泉 | 2008年7月 9日 (水曜日) 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/41627391

この記事へのトラックバック一覧です: YOSUI Info.:

« Just Fit | トップページ | 主旨に賛同しているわけじゃないけど・・・ »