« 陽水氏のライブを兼ねた奄美遠征(その4) | トップページ | 陽水氏のライブを兼ねた奄美遠征(完) »

2007年7月 3日 (火曜日)

陽水氏のライブを兼ねた奄美遠征(その5)

 さて、ライブについては、主催した地元紙の『南海日日新聞』が翌日の紙面でカラー写真入りで記事が掲載されていた。私は帰りの空港でそれを買ったのだが、65円という値段に妙に驚いた(笑)。記事のことは以前にもここで紹介させて頂いたが、「ハト」が指笛であることを聞いた話を書いたからかどうなのか判らないが、Web上で後日公開されていた記事には、ちゃんと括弧書きで「ハト(指笛)」と書き直してあり、ちょっと微笑ましく、島の編集者の心遣いに感謝。

 ライブは本当に「ハト」の嵐で大盛況だったのだが、こういう地方にくると帰りのクルマの渋滞を見越してか、素早く会場を後にされる方が多い。私のように、セットリストの書いてあるパネルをみたりしてグズグズした後に、駐車場に向かうと、ほとんどクルマはいなかったりして(笑)。その後、乾いた喉を潤すべく、オフ会へ突入。

 ホテルの駐車場にクルマを置き、徒歩1-2分の場所にある『居酒屋 誇羅司屋 2号店』へ。賑やかな店内は満席で、その中で陽水氏の曲がエンドレスで流れている。まずはビール。こういうところではオリオン・ビールと考えるとさにあらず。南の島で飲む「サッポロ」ビールもまた乙なもの。地元の食材を上手くアレンジした料理の数々に、飲み放題のビールと黒糖焼酎のロックが進むこと進むこと(笑)。旅先の酒ほど旨いものはないと感じる。最後に、ガイドブックにも載っていた「ゴーヤ・ピザ」を別途注文。「ゴーヤ=苦い」という先入観は根底から覆され、あま~~~い(笑)。他の料理も含め黒糖を多く使うのか、関東に住む私にとっては甘い味付けだったのが印象的。だから「あまみ」という訳ではないだろうが・・・続く

|

« 陽水氏のライブを兼ねた奄美遠征(その4) | トップページ | 陽水氏のライブを兼ねた奄美遠征(完) »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

そのオフ会でご一緒させていただいたひょろ長女です。
楽しく飲めてとてもよかったです。ありがとうございます♪

ハトが
ハトがないてる
のハトはさすがに鳩ですよね(笑)

投稿: ちみ | 2007年7月 6日 (金曜日) 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/15640505

この記事へのトラックバック一覧です: 陽水氏のライブを兼ねた奄美遠征(その5):

« 陽水氏のライブを兼ねた奄美遠征(その4) | トップページ | 陽水氏のライブを兼ねた奄美遠征(完) »