« 陽水氏のライブを兼ねた仙台遠征(その3) | トップページ | 道路は誰のもの? »

2006年6月 1日 (木曜日)

陽水氏のライブを兼ねた仙台遠征(その4)

街へ戻るタクシーの中、運転手さんがとても感じの良い方だった。タクシーに乗ると往々にして、極端に無口か、さもなくば喋りすぎの方が多いのだが、いい頃合でお話をされる「プロ」を感じさせる方で、途中ここが東北大学の工学部なんですよ・・とか軽く紹介して下さった。車内のラジオでは楽天ー広島戦が流れていて、終盤戦にきていて1点差の白熱したゲーム展開。楽天が来てどんな感じなんですか?とお聞きすると、弱いからなのか色んな方が応援して下さり、私は勝った試合の翌日のスポーツ紙を読むのが楽しみですとおっしゃっていた。これぞ地元密着のスポーツの在り方なんだろなと思ったり・・・某全国区のチームは未だに低視聴率に喘いでいますが・・・。

Jyozenjist
さて目的の定禅寺通りに着いた。それにしても森の中に道があるかのような風景(写真)。街路樹なんてどこにでもあるが、ここまで木が茂っている道は珍しいのではないだろうか。東京あたりでは落ち葉が大変だとか管理が大変とかいう「効率」ばかりが優先されて、なんだか味気ない道が多いだけに、ぶらぶらと散歩しているだけでホントに気持ちがイイ。

暫く歩いていると、右手の方に歩行者天国になっている商店街が目に入ってきたので、そちらに行ってみた。地方の商店街と言えば、「シャッター街」などと揶揄されるほど空洞化が進んでいるところがほとんどだが、ここは「そぞろ歩く」のに程よい刺激のある商店街だ。最終目的地は仙台駅なのだが、わざわざ地図を広げる野暮もしたくないので、そのまま歩いてゆくと、途中で違う方向にもアーケードのある商店街に出てきた。どこまで続いているんだ・・・と言いたくなるような商店街・・・。ヤマ勘で何度か大きな車道を横切っていくと仙台駅が見えてきた。

昨日ネットのニュースを見ていたら、通商産業省が「がんばる商店街77選」なるものを選定していて、その中に仙台市内6商店街も選ばれていた。6商店街もあるんだ・・・ということが分かった(笑) その後、また駅の反対側を陽水ライブの会場仙台サンプラザまでブラブラと歩いた。仙台は全くの初めてだったが、都市機能は十分に備えながら、空も広く、商店街は長く・・・「杜の都」の名に恥じぬ緑との調和が取れた素晴らしい街だった。また機会があれば行ってみたい・・・住んでもいいかなぁ・・・

|

« 陽水氏のライブを兼ねた仙台遠征(その3) | トップページ | 道路は誰のもの? »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

白いカーネーションさん、こんばんは。
今回のツアーで行った中で、福岡、仙台はホントいいところでした。どちらも転勤族で住んだ人が家を買ったりすると聞きますが、分かるような気がします。

今回はあまりに急いで回ったので、今度は冬にでも、温泉旅行でも兼ねてじっくりと歩きたいと思っています。

投稿: HIRO@YOKOHAMA | 2006年6月 5日 (月曜日) 20:43

杜の都仙台~♪素敵な町街ですね~♪
私もランチに、ショッピングに時々訪れます。
快い風・たくさんの緑・幅広い道・ぶらぶら散歩ほんと気持ちがいいですね~♪
短時間で、松島まで、行かれたんですねぇ・・
雪景色の松島も風情がありますよ~♪

投稿: 白いカーネーション | 2006年6月 4日 (日曜日) 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/10350850

この記事へのトラックバック一覧です: 陽水氏のライブを兼ねた仙台遠征(その4):

« 陽水氏のライブを兼ねた仙台遠征(その3) | トップページ | 道路は誰のもの? »