« 「国家の品格」を読んで | トップページ | 『かもめ食堂』フィンランドでも公開へ »

2006年5月19日 (金曜日)

井上陽水ライブ in 大宮

Omiyasetlist
私にとっては長野、名古屋、福岡に続く「井上陽水コンサート2006」の4度目のライブ。既にツアーも折り返しに入って、陽水氏のボーカルは変幻自在に昔をそして今を、時にはソフトに時には鬼気迫りながら聴き手に迫ってくる。そして氏を支える「陽水バンド」(敬称略:Ds:山木秀夫、G:今剛・今堀恒雄、B:美久月千晴、Key:小島良喜)の素晴らしい音楽性とテクニックが見事にユニゾンした鳥肌もののステージ。どうしても客層の年齢は高めだが、是非若い人にも聴いて欲しいライブだ(とは言えもう全てSOLD OUTだが)。

詳細のライブ・レビューは著者のHP上(「なぜか井上陽水」のコーナー)にアップしています。但しセットリスト(写真)なども載せた「ネタバレ」なので、これからライブに行かれる方で内容や構成を知りたくないという方はご注意を。

少し気になったのは陽水氏の体調。ブルー・ホワイト系の照明のせいかも知れないが、ツアーが続いてちょっとやつれた感じに見えたのが気になった。もちろん、「プロ」である陽水氏はそういう素振りは見せず、一切手抜きなしの真剣勝負の迫力のボーカルを聴かせてくれるのだが・・・。

私の次のライブは仙台。杜の都でお目にかかりましょう。

|

« 「国家の品格」を読んで | トップページ | 『かもめ食堂』フィンランドでも公開へ »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/10145790

この記事へのトラックバック一覧です: 井上陽水ライブ in 大宮:

« 「国家の品格」を読んで | トップページ | 『かもめ食堂』フィンランドでも公開へ »