« 陽水氏のライブを兼ねた福岡遠征(その4) | トップページ | なんか下品だなぁ »

2006年5月 6日 (土曜日)

陽水氏のライブを兼ねた福岡遠征(その5)

Chikuhohights1
福岡市内から八木山峠を越えると飯塚市街へ出てくる。新飯塚駅の跨線橋越しに多くの線路が見え、その昔は数多くの貨車がここから出て行ったことを偲ばせる。そこから更に進むと、陽水ファンならご存知の筑豊ハイツ(写真右)がある。ここには野球場、室内プール、屋根付テニスコート等々、県営とは思えぬスポーツ施設が充実しており、庄内温泉とあり日帰り湯もあるらしい。その先の糸田口を左折すればもう糸田町だ。

Yosuiparkzenkei21
最近拡幅されたと思しき真新しい道路と糸田町役場。その先左手にある糸田小学校を左折(広い方の道を)して暫く進むと農協があり、その裏手に通称「陽水公園」(地図をリンクしています)(正式名称「憩いの広場」)がある。小奇麗に整備された予想以上に狭い公園の奥に例の歌碑はあった(公園の全景は写真左)。この屋根のあるバーゴラの下に入ると、地元のお祭りなどの音楽や解説が結構な音量で自動的に流れ始めビックリ。こんなものを都会で作ればすぐに付近住民からクレームものだろうが、ここ糸田町ではどうなんだろうかと心配してしまう。我々を物珍しくご覧になっていた近所のご老人が、すぐ横にある集会場のような建物は陽水氏のお父様が寄贈されたとおっしゃっていたが・・・。井上歯科に行くと良く奥で歌っていたとか、アンドレ・カンドレの名前もご存知だったその方、何度もこんなに有名になるとはなぁ・・・と感慨深げにおっしゃていた。

Itodastation31
この公園の近くに陽水氏の生家(井上歯科医院)があったとのことだが、今はその建物はない(公園より少し先にある赤レンガの塀のところらしい・現在は別の方が御住まいとのことで写真は掲載を差し控えます)。来た道を戻り左折し橋を渡り更に左折すれば、糸田駅(グリーンドームという町の施設を兼ねる)がある(写真・右)。現在は平成筑豊鉄道の駅で、もちろん単線で無人駅だ。このホームから線路を見ると結構草が生えているのが判る。ふと陽水氏の「心もよう」のボツとなった詞の一節が浮かんだ。・・・「線路の脇に草がある 草の匂いで旅を知る(19になったお祝いに作った歌も忘れたのにの部分)」。なんかこんなところで、陽水氏の原点を垣間見ることが出来たような気がする。

Itodastation11_1
駅には「糸田町マップ」なる大きな看板(写真・左)があったが、随分と昔のものがそのまま置かれているようで、これではとても糸田町を散策できない(笑)。この地図で公民館という場所が、現在の陽水公園のある場所である。

Kaizoebashi_1
ただ近くを流れる川(中元寺川)を見て、陽水氏が子供の頃は「川は黒いものだと思っていた」と言っていたことを思い出したり・・・。当時とは随分景色も違うのだろうが、「少年時代」や「夏まつり」と同じ風を感じることができたような気がする。写真・右は糸田駅から中元寺川にかかる皆添橋(かいぞえばし)を見たところ。この橋を渡り少し行くと右手に糸田小学校がある。

Gotojibusterminal11
糸田を後にして、田川にある後藤寺バスセンターに行く。ここはご覧のように「ターミナル会館」となっていて、その昔には2階が映画館になっていたらしい。この建物の古さから見て、陽水氏が旅立つときに使ったであろう建物がそのまま残っているのであろう。なんとも感慨深いものがある。丁度昼になったので食事を・・・と言っても何がある訳ではないが、すぐ近くにある食堂2軒のうち1軒に「えいやっ」で入りランチを頂く。町の食堂といった風情なのだが、このランチが意外においしくびっくり(600円 レストラン クックというお店)。こういう行き当たりばったりが何だか楽しい。

Nishitagawahighschool1_1
そこから信号を左折し後藤寺駅方面に行き、アーケードのある商店街(意外とシャッター通りしてなくて頑張っている感じが良かった)を抜けると、右手に陽水氏の母校西田川高校があった。こういうご時勢なので、校内に入ることは遠慮し校門だけを写真撮影させて頂いた(写真・右)。陽水氏が母校の野球部のためのボール代として寄付されたのが、何故か校歌を刻んだ歌碑になったらしいその歌碑が見える(今回撮影は遠慮させて頂いた)。

こうして私の1泊2日の旅は終わった。田川界隈では、あの後藤寺バスセンターの古い建物、セメント会社の古く巨大な建物、ボタ山、未だに残る幾多の線路など、かつての栄光の時代を感じさせるものを幾つも目にすることができた。そしてその土地の風を感じることができたのが何よりだった。そしてチェーン店ばかりが目立つこの地方でも健気に残る何でもない食堂の味も・・・

|

« 陽水氏のライブを兼ねた福岡遠征(その4) | トップページ | なんか下品だなぁ »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
リンクとトラバをいただきます。

投稿: じょじょ | 2006年5月14日 (日曜日) 09:46

白いカーネーションさん、SUZUKAさん、コメント有難うございました。百聞は一見にしかず・・・福岡、田川を訪れたことがない皆さんも、是非一度行ってみて下さい。何かしら感じられるものがあると思いますよ。

投稿: HIRO@YOKOHAMA | 2006年5月 7日 (日曜日) 21:20

さすが、HIROさん文章上手い!また来てくださいね!

投稿: SUZUKA | 2006年5月 6日 (土曜日) 22:06

とても興味深く楽しみながら、その1~その5まで読ませて頂ました。
私も、5日能古島めぐり~♪6日糸田町散策~陽水公園♪夏まつりの歌碑♪を~見に、出かけました。(Sさんに、教えていただいた町役場で、パンプを頂き、パンプ片手に・・・)
これから行かれる方々は、とても力強い参考書になりますよ~♪能古島での、時間待ちの過し方なんか、好いなあと思いました。この素敵なブログを読んで、もう1度陽水さんの故郷をたづねたくなりました。

投稿: 白いカーネーション | 2006年5月 6日 (土曜日) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/9927786

この記事へのトラックバック一覧です: 陽水氏のライブを兼ねた福岡遠征(その5):

» 白いカーネーション [助産婦じょじょのアフリカ日記]
今日は母の日ですね。私はこういった記念日に全く無頓着で、いけないのですが。自分の母にも何もしないし、姑さんにも何もしないし。まして、子ども達から何か来るとは思ってもいないし。冷たい奴です。          井上陽水の唄に「白いカーネーション」ってあり...... [続きを読む]

受信: 2006年5月14日 (日曜日) 09:51

« 陽水氏のライブを兼ねた福岡遠征(その4) | トップページ | なんか下品だなぁ »