« 井上陽水コンサート2006 in 仙台 | トップページ | 陽水氏のライブを兼ねた仙台遠征(その2) »

2006年5月29日 (月曜日)

陽水氏のライブを兼ねた仙台遠征(その1)

今回の陽水氏のツアーは土日が結構多い。ライブだけを観に行くと・・・いうのはどうも居心地が悪く、まだ行ったことのない日本を巡る1泊2日の小旅行を楽しむ・・・という言い訳を自分にすることにしている(まあ気持ちの問題だけだが)。今回は新緑が目にも眩しいことが容易に想像がつく「杜の都仙台」への旅が始まった。

雨の横浜から東京を経て、「はやて」に乗り込み一路仙台へ。すると徐々に空も明るくなってゆき、うとうとしていると「あれ?」という位の晴れ間が広がる仙台駅に1時間40分ほどで到着。どうせ天気は悪いだろうと思い込んでいたので、足早に青葉城址にでも行こうと思っていたのだが、こんなに晴れてるのならやっぱ「海」でしょ・・・ということになる私の頭の単純構造。

Matsushimakaigansta
昨年のツアーでは舞鶴の前に行ったのが天の橋立。この機会を逃せば「日本三景」制覇の日はきっとこないだろうと、在来線で仙石線のホームへ。乗り換えでSUICAが使えるちょっと不思議な気分を味わいながら、通路の端の方から下りの長~いエスカレーター。何か地下鉄に乗る気分だな・・・なんて思っていたら、仙石線はホントに地下のホームだった。それも随分と真新しいホーム。しかも来る電車も都心部でも見かけるピッカピカのもの・・・ドアが雪国仕様の半自動(開けるのはボタンを押す)でなければ、ここはどこ?の世界だ(笑)。

Matsushimakaiganstation_1
暫く地下を走っていたが、やがて地上に出ても同じく首都圏の郊外の住宅地の風景。やっぱりそういう景勝地へ行くのは、「1両編成の鄙びた汽車」に「田んぼの広がる田園風景」を期待していただけに、かなりとまどう。とは言え、松島が近づいてくると、さすがにその雰囲気は出てきて松島海岸駅に到着(写真左、ホームにあった景色付き駅名表示板は写真右)。

ところが何やら大音響で音楽が流れている・・・ちょっとどういうこと?   続く

|

« 井上陽水コンサート2006 in 仙台 | トップページ | 陽水氏のライブを兼ねた仙台遠征(その2) »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/10297302

この記事へのトラックバック一覧です: 陽水氏のライブを兼ねた仙台遠征(その1):

« 井上陽水コンサート2006 in 仙台 | トップページ | 陽水氏のライブを兼ねた仙台遠征(その2) »