« 祝!勝率マジック0  | トップページ | タイガースは誰のもの? »

2005年9月30日 (金曜日)

井上陽水 空想ハイウェイ Act-4

昨年のクリスマスに、井上陽水空想ハイウェイ「ACT-3」が放送になって以来、いつになったら完結編となる「ACT-4」が放送されるんだろう・・・なんて思っていたら、例のNHKの不祥事を受け受信料未払者続出で、これは予算的にキツくて放送は取りやめか?などと言う洒落にもならない「空想」が浮かんでは消える毎日。そしてほぼ諦めにも似た空気が漂っていたのだが、他の陽水ファンの方から、ついにACT-4の放送が決定!との報告を頂いた。

日時は11月4日(金) 後10:00~11:30、チャンネルはNHK BS2。内容についての詳細は、NHK BSのHPに掲載されている番宣をご覧頂きたいが、今年のツアーが「弾き語りのみ」を含む、アコースティックなライブだっただけに、多分そうくるだろうと思っていた「アンプラグド・ライブ&ドキュメント」といった構成になっているようだ。

個人的には、今年のライブやリハなどの映像(特に「弾き語り」オンリーの2公演)を期待していたのだが、同じアンプラグドでもちょっと趣向を変えて、

「井上陽水の音楽の原点ともいえるそのシンプルな演奏に、ギターの押尾コータロー、ピアノの山下洋輔、ウクレレのジェイク島袋、ペダルスティールの高田漣、サックスの菊池成孔といった、さまざまな音楽シーンを代表するソロ・ミュージシャンが加わり、新たなアレンジで名曲を蘇らせる。(NHK BSのHPより引用)」
といった興味を惹かれる内容なのが嬉しい。

更に、このブログでご紹介した「井上陽水x川上弘美」の本の中で、「今秋から冬にかけての活動の準備のため・・・」といった紹介があり、期待していたライブが同時期に発表になっている。それが、NAGOYA Blue Noteで12月19、20日に計4ステージ予定されている「井上陽水スペシャルライブ」だ。ブルーノートと言えば、2003年1月6、7日にBlue Note TOKYOで行われたスペシャルライブがあった。この時はJazzyな陽水を筆者も堪能した(ライブレビューはこちら)だけに、期待が高まる。今回はどんな「スペシャル」なものになるのだろう。まさかACT-4の豪華メンバーと一緒?

・・・などと言いながらBlue NoteのHPのライブ詳細を良く見れば、いつもの陽水組の皆さんのお名前がありました。

|

« 祝!勝率マジック0  | トップページ | タイガースは誰のもの? »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/6189958

この記事へのトラックバック一覧です: 井上陽水 空想ハイウェイ Act-4 :

« 祝!勝率マジック0  | トップページ | タイガースは誰のもの? »