« コンサート イン つま恋 1975 | トップページ | 東京駅 »

2005年8月10日 (水曜日)

井上陽水x川上弘美

coyote
いつもは情報出し渋り気味(?・笑)の陽水氏のオフィシャルHPで、雑誌に氏が登場との情報を得て、仕事帰りに書店へ。その雑誌は8月10日発売の「coyote(コヨーテ)No.7」(スイッチ・パブリッシング)。
昨今、雑誌のトレンドには疎く、この雑誌は何?どんなジャンル?ということで、3軒ほど書店をハシゴする羽目になってしまった・・・しかも雑誌名をメモせず、ん?動物の名前だったよなぁ~・・・北キツネ?チーター?・・・ん~~何だっけ?ということで店員さんに聞くこともできず(笑)・・・無事、横浜の某書店で大量に平積みされているのを発見し、無事買うことはできたのだが・・・この雑誌は「‘人‘が‘旅をする‘ことから手にする驚きや歓びやアイデアを鮮やかに伝える雑誌」だとのことで、ある意味クロスオーバー、ユニセックス的なこの手の雑誌の配置は書店によってまちまちだったりするのかもね。

内容は・・・仔細に書く訳にはいかないけれど、陽水氏と作家の川上弘美さんが、井の頭公園の自然文化園に出向いて、何とはなしの会話をしてゆくもの。印象に残ったものをいくつかピックアップしてみると・・・まず今回のツアーについて・・・私もおいそれとは書けず「滅多に行けない地方」などと言葉を濁してきたのだが、氏は「今年は僻地にしか行かない」などと・・・ど真ん中のストレートを投げ込んでくれたのがオカシイ(笑)。あと、そのことに関連するのかも知れないけれど、「アメリカ人がインドへ行ってもどこへ行っても平気で英語で喋る・・・それは「田舎者の感覚」だと・・・それは東京の人にも通じる」と・・・「深刻ぶると蔑まれる」福岡で生まれ育った氏だからこそ、このような言葉が紡ぎ出されていくのだろうか?いやはや愉快だ。

|

« コンサート イン つま恋 1975 | トップページ | 東京駅 »

井上陽水」カテゴリの記事

コメント

この記事、教えていただいてありがとう。
早速探してみます。

投稿: 木陰 | 2005年9月 5日 (月曜日) 05:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54025/5397325

この記事へのトラックバック一覧です: 井上陽水x川上弘美:

« コンサート イン つま恋 1975 | トップページ | 東京駅 »