2017年7月24日 (月曜日)

ジャズ・フュージョン

 たまたまWOWOWをつけたら、ブルーノートでのスクエアのライブをやっていて・・・

 そう言えば、大学生の頃、ジャズ・フュージョンやらAORやら良く聴いていたなぁと、ちょっとタイムトリップした気分で観てました。

 皆さん、我々より年長だと思うのですが、いや~~~~かっこいい。そして自然にカラダが揺れる心地よさ。

 当時のフュージョン界では、ワタシはカシオペア・ファンでしたが、でもスクエアも良く聴いてました。海外だとアール・クルー。AORだとスティーリー・ダンやボズ・スキャッグス等々。クロスオーバー・イレブンなんてFM番組があって、様々な音楽がクロスオーバーする時代の始まりだった気がします。

 ライブを聴いていて、気が付いたことは、ワタシはベースのチョッパー奏法が好きだということ。これって日本語英語で、正式にはスラッピング、スラップ奏法って言うんだとか。タイトなドラムとチョッパーのベースでご機嫌!ってことに改めて気づく・・・

 長いこと生きてると、様々な音楽を聴いてきたことに、ちょっと「胸を張る」的な・笑 最近だとサチモスがそれに近いテーストですけど、今の人ってフュージョンって聴くのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水曜日)

井上陽水コンサートツアー2017秋

 来ましたね~
 好評につきGood Luckツアー再開。

 10月3日の大宮から12月3日の国際フォーラムまで13本。個人的には、阿波踊りの本場の鳴門が気になりますね~ 

 公式サイトをチェック!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火曜日)

ふるさと納税

 昨年は実家のある倉敷に寄付しましたが、今年は趣向を変えて…とは言え、縁もゆかりもない町に返礼品目当てというのも、制度の趣旨を考えれば、いかがなものかなと。

 ということで、今年はご縁のある町へ。まずは、幼少の頃住んでいた境港と八代へ。特に八代は震災のこともあって、応援の意味を込めて多めに。

 あとは、陽水さんのライブで訪れた印象深い町へ。とりあえず、印象深かった中標津へ。ライブの時はまだ寒かったので、ジェラートの名店に行かなかったことを思い出し…早速ジェラートが届きましたが、マジうま! 10分ほど出して良くかき混ぜるとの指示通りにすると、すっと溶けてゆきます。また遊びに行きたくなりました。

 あとは少し考えてからにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土曜日)

都市対抗野球

 ひょんなことから都市対抗野球観戦。東京ドームです。いや~石鹸がどろどろ溶けそうな暑さ…しかもすごい人ごみ。

 中は涼しいのがドームの良さ。ビールがすすむこと…笑 

 企業チームなんですが、都市同士の対戦なんですね。なんか応援があったかい! ついつい応援しましたが、残念ながら惜敗。ても楽しめました。
1500107592166.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木曜日)

夏の終わりのハーモニー

 昨日福岡で行われたスキマスイッチの対バンツアーで、奥田民生さんが、夏の終わりのハーモニーを、陽水さんパートで歌われたんだとか。

 そこで民生さんは、陽水さんばりのカーリーヘアで、この髪型にしているのには理由があるから~アンドレカンドレだから~と叫ばれたらしい・笑

 ぼちぼち井上陽水奥田民生の出番かも?

 でも陽水さんが、いわきのライブで、玉置浩二さんとの共演を匂わせる発言も気になるし…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水曜日)

ライブ観戦を兼ねた瀬戸内の旅

 三原でライブは珍しいなと参戦を決め、最終日の周南も気になったのですが、倉敷の父の様子も気になり、三原のみに。

 倉敷から帰ることを考え、荷物も多いので岡山空港からレンタカーで。目的地は尾道。両親が備後府中の出身なので、子供の頃の田舎はそちらに良く行きました。尾道なんて子供の頃、祖父に連れて行ってもらって以来かも。

1498618830929.jpg
 記憶に残っていた千光寺へ。クルマなので山の上の駐車場から。それでも展望台までの坂道にぜーぜー・笑 ブラタモリで知った岩の数々。

1498618836541.jpg
展望台からの尾道水道の眺め。少し雨に降られ、蒸し暑さもあり、坂道を下るのは断念。土曜日ということもあり観光客が結構いらっしゃいますね。尾道バイパスなるほぼほぼ高速道路から、湘南のような海沿いの道を経て三原へ。ホテルにチェックインして、ぶらり街歩き。

1498618840906.jpg
ところが、突然のどしゃ降りにたじろぎ、駅隣接の三原城跡だけ。見事に城を貫く三原駅に唖然としました。駅を作ってしまった先人の愚行にがっかりですよね。その後、ホールまで散歩に丁度いい距離と思って歩いている途中にも再度どしゃ降りに…傘が役に立たない雨に、ぬれねずみ状態・笑

1498618842253.jpg
倉敷でもブラタモリを辿る散策。地元なのですぐ分かります。美観地区では白鳥の親子に癒やされて…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土曜日)

瀬戸内は今日も雨たった

 ワタシにとってのツアーファイナル。三原ポポロで。陽水さん、三原は初めてだということで、誠心誠意に…てもそれじゃあつまらないということで、誠心誠意のおふざけも・笑 表題の替え歌を少し歌われた陽水さん。これをやりたかったのだと・笑  

 昨日からこちらに入られたようですが、どうも尾道のよう・笑 喫茶店に入り、湿った風が入り、いいところにお住まいでと言いながら、東京あたりでは空調がどこも入っている…と失言・爆

 今日は初の二階席。席がゆったりしていて、1200のキャパとは思えない遠さ・笑 でも二階席ならではの舞台の照明の美しさに感動しつつ、音響もよかったですね。拍手の響きが特によかった…。陽水さんの足元にスポットライトで描かれる模様を堪能。

 ワタシにとって今ツアー初の六月…。夜のバスってこんなアレンジでしたっけ?夢の中へは初めて聞くアレンジでニヤニヤ。今日は小島さんのプレーに目が行き、結構打ち込みの音を使っていることに気づかされ…

 ワタシの今日イチは、飾り…かな。山木さんを中心とした歯切れの良い演奏と陽水さんの緩急を付けたボーカルワークにうっかり。

 そうそう、途中MCで何を言おうか迷っていた陽水さんに、男性の方の頑張って!の掛け声。最近男性のファンの方が増えて、拓郎化してる…の発言に爆笑。蒸し暑いし、雨は降るわで大変な環境でしたが、楽しいライブでした。

 土曜日だということもあるんでしょうが、コアなファンの方が多数終結され、最前列に固まっていらっしゃたようで、氷の世界でスタンディングになるなどグッドジョブ!

 また秋にツアーがあることを念じながら…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水曜日)

対談

 以前にもアップした、薬師丸ひろ子さんの新曲「めぐり逢い」がボーナス・トラックとして入っているライブアルバムが届きました。

 やはり、陽水さんの楽曲提供ということで、PVで少しだけしか聴けないより、フルで聴きたい!ということと、何たって、ブックレットに薬師丸さんとの対談が掲載されているとのことで、ついうっかりオーダーしてしまいました・笑

 CDの方をダウンロードして電車の中で聴いてみましたが、相当昔(84年)に陽水さんが提供された「ステキな恋の忘れ方」は、いかにも当時の陽水さんテイストの曲。そして「めぐり逢い」は今の陽水さんのテイスト。曲も詩も見事にらしさを感じます。

 透明感のある薬師丸さんのボーカルにマッチした曲ですね。春日大社のライブ音源もいい感じ。ストリングスが多い編成なので、少し「綺麗過ぎる」かなとは思ったりしますが・・・まあ、それは陽水さんのライブとは違うのは当たり前なわけでして・・・

 対談も結構なページ数で、初耳ネタが満載・・・著作権というものがありますので、ここでは詳しくコメントしませんが、陽水さんが鍼に行かれていることが興味深かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水曜日)

大館ライブの記憶

 とにかく観客の皆さんが熱かったのが印象的な大館ライブでした。手拍子をされる方が多く。アンコール!の合唱に感動。氷の世界で立ち上がる方も多数。大ラスが気迫のこもった傘がない、になるのも分かります。

 陽水さんのボーカルは、ワインレッド…などは限りなくソフトに、嘘つき…などは気迫のこもったロックに、まさに変幻自在。個人的には映画に…からのジャジーなナンバーにうっとり。こんなに幅広いジャンルの曲を作り、今のアレンジでしなやかに歌えるミュージシャンはいないだろうなと。唯一無二の陽水ワールドを堪能させて頂きました。

 バックのアレンジも、瞬きの間奏で長田さんのギターが今回はアコギだったり、氷の世界の間奏で小島さんのピアノのフレーズが変わったり…何度同じ曲を聴いても、いつも何か驚きがあって。ワタシにとって今ツアー初の背中まで…山木さんのタイトなドラムに、美久月さんの魅惑のベース、素晴らし過ぎる!骨太でパワフルな長田さんと、職人気質で様々な音を紡ぎ出す今堀さんのツインギターも素晴らしい!Lynさんとfasunさんのコーラスは、今やライブに欠かせない彩りとパワーを加えてますね。そうそう空港でLynさんをお見掛けしましたが、華奢で小柄な方でびっくり。ステージ上で拝見してると、凄い大きな方かと思ってました。これってミュージシャンとして重要ですよね。美久月さんはホントに背の高い方でした(空港で話しかけて失礼しました)。

MCは、50年近くやっているが初めてということで、自己紹介など。AB型のネタで笑わせつつ、今日は誠心誠意やっていきますが、普通の人の誠心誠意と違うかもと・・・笑。初めてなので良い印象をもって帰っていただきたいとか、今後とも宜しくお願いしますと言われたり・・・。大館出身で大館にお住まいの方と聞かれたら、手を挙げる方多数。福岡出身だと言われながら、この中で福岡に行った事がある人との問いには、大館の質問よりやや少ない拍手。福岡に住んでいる人で大館に来たことある人は少ない、などと少しブラック・ジョークも・笑 なごやかな雰囲気は大館の皆さんが作ったもので、よそ者のワタシには有り難い限り。ワタシも大館が何県にあるかも知らなかったクチですが、陽水さんのライブおおかげで来ることができました。ゆったりしたリズムで暮らされている感じが、忙しさに振り回されて生活しているワタシには新鮮でした。歩くスピードも自然とゆっくり・・・

 さてさて、今ツアーも残すところあと3本。ワタシの最終回は三原。倉敷の実家の父に何か困ったことはないですか?と聞きに行く旅とでもいいましょうか。三原には仕事で2度行った事がありますが、プライベートでは初めて。なにやら宇宙船のような?ホールのようで、三原の街とライブを楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月曜日)

初の大館ライブ

1497280138584.jpg

 初めてを連発されていた陽水さん。1200弱のキャパとは思えない熱気に包まれた夜。

 AB型のネタあり、陽水さんの名が体を表す陰陽の世界観。本編最後の結詞は、かつてこの曲がJR東日本のCMで流れていたからかもと…

 陽水さんのボーカルは、心にどんどん入り込んでくるようで…そのハートに参りました。最後の傘がないは凄すぎるの一言。

 バックでは、自席から良く見えたミックさんのベースに酔いしれ…背中まで…の間奏なんて最高!

 眠いので、とりあえず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ライブ観戦を兼ねた大館の旅